BBC News

2018年10月30日

»著者プロフィール

米飲料大手コカ・コーラやスウェーデンの衣料品大手H&M、仏化粧品大手ロレアルなど約250の企業や団体が29日、2025年までにプラスチックごみをなくすとする共同宣言に署名した。4月の共同宣言発表時に署名した約40社から大幅な増加となった。

共同宣言はプラスチックごみによる海洋汚染を食い止めるため発表された。署名した全企業および団体は2025年までの7年以内に、商品のプラスチック包装を全て再利用、リサイクルもしくは堆肥化できるものに変更する。

宣言を主導したエレン・マッカーサー財団は、現在の傾向が続けば、海には2050年までに魚よりプラスチックの方が多くなる可能性があるとしている。

<関連記事>

エレン・マッカーサー財団は、ヨットによるノンストップ単独世界一周の最短記録を持つデイム・エレン・マッカーサーが2010年に設立した。環境対策の水準向上を目標としており、特にプラスチック利用の問題に取り組んでいる。マッカーサー氏は世界中を航海する中で、プラスチック汚染の深刻さに衝撃を受けたという。

1950年代前半以降、約83億トンのプラスチックが生産されたと推計されている。そのうち60%が地中に埋められたり、自然環境に廃棄されている。

環境汚染の単独要因ではないものの、ペットボトルやヨーグルトの容器、ラップサンドの包みといった包装は、全プラスチック利用に占める割合が最も大きい。

国際環境NGOのフレンズ・オブ・ジ・アースは宣言を歓迎した。

同団体でプラスチック削減活動に取り組むジュリアン・カービー氏は、「宣言は、プラスチックごみを削減しろという公衆の要求に耳を傾け、行動を約束する企業や政府の数を増やす後押しになっている。この問題に対する世界的な運動が緊急に必要だ」と述べた。

宣言には英高級ブランドのバーバリーや米食品大手マースといった企業や政府、NGOも署名した。エレン・マッカーサー財団によると、署名企業と団体による取り組み内容は以下の通り――。

  • 2025年までに「問題ある、もしくは不必要な」プラスチック包装を撤廃し、使い捨て包装から再利用可能な包装に移行する
  • 全てのプラスチック包装が「簡単かつ安全に」リサイクルもしくは堆肥化できるようにする
  • 新たな包装や製品について、再利用もしくはリサイクルされたプラスチックの使用量を増やす

署名企業の1社、オランダの一般消費財大手ユニリーバはBBCに対し、同社は生産するプラスチックの約3分の2をリサイクルしているが、プラスチックごみ削減も以前から続けていると述べた。

同社所有の紅茶ブランド「PGティップス」は2月、ピラミッド型ティーバッグにポリプロピレンの使用を止め、代わりにコーンスターチを使い始めた。

「循環型の取り組み」

ユニリーバはまた、ヘアケアブランド「トレセメ」の黒いシャンプーボトルを再利用したり、調味料ブランド「ヘルマンズ」のマヨネーズのボトルにリサイクルされたプラスチックを使用したりする方法を検討している。

ヘルマンズのボトルは現在、リサイクル可能なプラスチックを使用しているものの、既にリサイクルされたプラスチックは含まれていない。

ユニリーバのデイビッド・ブランチャード氏はBBCに対し、「目標は、リサイクルしたものだけを使い、使い捨て包装を全廃を目指す、循環型の取り組みだ」と語った。

「完全にリサイクル可能な解決策を消費者が求めているのを我々は認識している。我々の製品を使う人は今後数年間で、包装にリサイクル可能もしくはリサイクルされた素材の使用を求めるようになるし、その時には我々は包装について消費者に説明するだろう」

マッカーサー氏は共同宣言について、「プラスチックにおける循環型経済の構築に必要なものについて、明確な見通し」を提供したと述べた。

署名企業と団体は、今後数年に「ますます野心的に」なる目標に対し、進捗のデータを毎年公開することでも合意した。

(英語記事 Plastic waste elimination pledge by 2025 attracts more big firms

提供元:https://www.bbc.com/japanese/46027505

関連記事

新着記事

»もっと見る