野嶋剛が読み解くアジア最新事情

2019年1月9日

»著者プロフィール
閉じる

野嶋 剛 (のじま・つよし)

ジャーナリスト

1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に『イラク戦争従軍記』(朝日新聞社)、『ふたつの故宮博物院』(新潮選書)、『謎の名画・清明上河図』(勉誠出版)、『銀輪の巨人ジャイアント』(東洋経済新報社)、『ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち』(講談社)、『認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾』(明石書店)、『台湾とは何か』(ちくま新書)。訳書に『チャイニーズ・ライフ』(明石書店)。最新刊は『タイワニーズ 故郷喪失者の物語』(小学館)。公式HPは https://nojimatsuyoshi.com

香港雨傘運動で中心的な役割を担い、「民主の女神」とも称される周庭(アグネス・チョウ)さん。中国の圧力が強まり、存亡の危機に瀕していると言われる香港の民主。周庭さんはその現状をどう捉えているのか。ジャーナリストの野嶋剛さんが、その本音に迫った。

周庭さん(筆者撮影)

香港政党「香港衆志(デモシスト)」常務委員
周庭さん(22)インタビュー

欅坂46の「不協和音」の歌詞に共感

野嶋:年末から年始にかけて、複数の香港関係のイベントに参加されて、日本で過ごしたようですね。日本滞在はいかがですか。

周:めっちゃ楽しんでます。昨日(2日)は1人カラオケで4時間熱唱しました。香港のカラオケでは日本の歌が少ないので日本では必ずカラオケに行ってます。J-POPをよく歌います。欅坂46が好きです。彼女たちの歌には社会性や叛逆性があるように思います。「不協和音」という歌が特に好きで、「僕はyes と言わない 首を縦に振らない まわりの誰もが頷いたとしても 僕はyes と言わない 絶対 沈黙しない 最後の最後まで抵抗し続ける」という歌詞にすごく共感し、自分たち(香港の若者)のことのように勝手に感じています。昨年(習近平の香港訪問の際の抗議行動で)警察に30時間拘束されたときも拘置所でこの歌を歌っていました。今年の大晦日、紅白歌合戦をみましたが、センターの平手友梨奈さんが怪我で出ておらず、とても心配してます。

野嶋:香港では、約束された「普通選挙(1人1票の民主的な方法で指導者=香港行政長官を選ぶこと)」の実施は反故にされ、香港基本法の解釈権も中国の全人代にあることが明確にされ、香港の「高度な自治」は脅かされています。それだけではなく、習近平国家主席が香港返還20周年の一昨年、香港を訪問して「中央の権力と香港基本法に挑戦する行動は決して許さない」と演説して以来、香港政府は全力をあげて民主化運動を押さえ込みにかかっています。香港社会にどうにもならない無力感というものはありませんか。

周:本当に香港ではいま、めっちゃばかばかしいことばかりが起きています。香港の一国二制度はもうダメになっていて「一国一・五制度」になっています。確かに市民の中では、もうだめ、無理、という感覚は強くなっていますね。雨傘運動みたいに大きな運動をやっても政府は動じなかった。日本には市民投票の制度がありますね。本当に羨ましいです。もし雨傘運動のときに香港に市民投票があったら状況は今日とは全然違っていたと思います。では、どうすればいいのかわからないという気持ちになるし、香港の市民も複雑な思いがあると思います。でも、私たちが諦めたら終わりになってしまう。「絶対に沈黙しない、最後の最後まで」の決意で闘っていきます。

関連記事

新着記事

»もっと見る