野嶋剛が読み解くアジア最新事情

2019年1月9日

»著者プロフィール
閉じる

野嶋 剛 (のじま・つよし)

ジャーナリスト

1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に『イラク戦争従軍記』(朝日新聞社)、『ふたつの故宮博物院』(新潮選書)、『謎の名画・清明上河図』(勉誠出版)、『銀輪の巨人ジャイアント』(東洋経済新報社)、『ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち』(講談社)、『認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾』(明石書店)、『台湾とは何か』(ちくま新書)。訳書に『チャイニーズ・ライフ』(明石書店)。最新刊は『タイワニーズ 故郷喪失者の物語』(小学館)。公式HPは https://nojimatsuyoshi.com

アグネス・チャンさんは「親中派」なので……

野嶋:周さんの英語名はアグネスで、アグネス・チョウと日本のメディアでも紹介されてきました。香港出身でアグネスといえば、日本では長くタレントとして活躍してきたアグネス・チャンさんがいますね。

周:この英語名は親がつけてくれましたが、香港では、みんな周庭(チョウ・ティン)と呼んでいます。アグネス・チャンさんは親中派で、香港の雨傘運動に対する偏見があるように思えて、好きにはなれません。一緒の名前なのがめっちゃ嫌でなんとかしたい(笑)。仲のいい倉田徹先生(香港政治が専門の立教大学教授)は、アグネス・チャンさんと「アグネス対談」をしてはどうかと冗談でよく言うのですが(笑)。

野嶋:周さんは、政治活動と並行して現在も大学生活を続けています。政治と学業の両立はしんどくないですか。

周:いま香港バプテスト大学の4年生ですが、これまで雨傘運動や立法会議員補欠選挙の準備でかなり単位取得が遅れたので、(1年留年で)卒業は来年以降になります。専攻は国際関係ですが、せっかく大学に入って4年生まで来ているので絶対に卒業はしたい。もったいないでしょう?でも勉強は苦手です。特に論文が大嫌いなので、卒業したら学業は続けません。いまは大学に通いながら、「デモシスト」(雨傘世代の若者中心の政党)の活動のほか、立法会で政策研究員としても働いています。卒業後も政治は続けますが、ほかのことにも挑戦してみたい。日本と関係ある仕事もやってみたい。「普通語(標準中国語)」が苦手で、大学を卒業するためにはコースを取らないといけないのですが、まだ取っていません。卒業のための最大の難関です。普通語は学校教育で学んできたのですが、本当に好きではなく、日本語のほうがうまく話せます。

年末年始を日本で過ごした周さん(筆者撮影)

周さんが影響を受けた「日本アニメ」とは?

野嶋:アニメおたくという話ですが、どうしてそうなったのですか。

周:私はアニメに小6や中1ぐらいから興味がありました。歌手やアイドルに憧れるようになり、日本語を真似するようになりました。テレビ番組などはめっちゃ見てましたが、聞く方は練習できても、喋る方はそれほどでした。

 でも、雨傘運動のときに日本のメディアの記者さんがすごい集まって、香港や欧米のメディアはジョシュア(黄之峰、運動のリーダーの一人)が対応していたのですが、日本のメディアは「日本を大好きな人がいるよ」といって私に担当を回しました。最初は通訳が必要なぐらいで「おはよう」しか自信をもって話せなかったのです。でも取材のなかで喋る機会が増えて、記者さんから日本語の政治用語を教わり、どんどん上達しました。日本にも来る機会が増えて、デモシストのなかではすっかり日本担当ということになっています。

 アニメで影響を受けた作品の一つが『PSYCHO-PASS サイコパス』というアニメです。ここでは、コンピューターが人間の性格や行動を脳波によって把握してしまうので、これから誰かを殺そうとしている人がいれば危険人物として逮捕してしまいます。しかし、例えばワクワクして興奮しているだけで危ない人と思われてしまうし、警察に危ない人だと思われないよう人は行動するようになる怖い未来を描いています。

野嶋:それは、皮肉なことに、いまの香港の状況に近くないでしょうか。

周:そういう面は確かにあります。最近でも、香港独立を以前主張していた若者が、立法会の補欠選挙に立候補する際、「一国二制度を支持します」と表明しました。しかし、香港政府の選挙主任は「あなたが香港独立を諦めたということは信用ができない」と、まるで彼の内心を読み取っているかのような理由で立候補資格を取り消しました。そんな風に政府が勝手に人の内心を決めていくケースが増えています。

関連記事

新着記事

»もっと見る