BBC News

2019年8月8日

»著者プロフィール

パキスタンは7日、カシミール地方の領有権をめぐり対立が続く隣国インドとの、外交関係を格下げすると発表した。インドの駐パキスタン大使を追放するほか、二国間貿易を停止するという。インドは5日、実効支配するジャンムー・カシミール州に70年間にわたり認めてきた自治権を廃止しており、支配強化につながるとの懸念が広がっている。

パキスタンは、インドとのすべての貿易を停止するほか、インドの在イスラマバード高等弁務官(大使に相当)を国外追放する方針だ。

新たに駐インド・デリー高等弁務官に任命していたモイン・ウル・ハック氏については、着任させないとしている。

パキスタン政府の声明によると、イムラン・カーン首相は、「すべての外交チャンネルを稼動させ、残忍なインドの人種差別政権や陰謀、人権侵害の実態を暴くよう指示した」という。さらに、軍に警戒を続けるよう伝えた。

インドによるジャンムー・カシミール州の自治権剥奪について、パキスタンは国連安全保障理事会に問題を提起している。

核保有国であるインドとパキスタンはこれまで、カシミール地方の領有権をめぐる争いを繰り返してきた。イギリスから独立した2カ月後には第1次印パ戦争、65年には第2次印パ戦争、71年に第3次印パ戦争がそれぞれ勃発した。

今年2月には、パキスタン軍が、カシミール地方の自国領空内でインド空軍機2機を撃墜し、墜落した操縦士2人を拘束。両国の緊張が高まった。

<関連記事>

各国の反応

中国は、インドによるジャンムー・カシミール州の自治権剥奪は「容認できない」と強く反発している。

イギリスのドミニク・ラーブ外相は、インドの外相に対し、「イギリス側の懸念を表明し、事を荒立てないよう求めた」と報じられている。

米国務省はツイッターで、インドが自治権剥奪について事前にアメリカ側に伝えていたとする一部報道を否定した。

「報道とは裏腹に、インド政府は、ジャンムー・カシミール州の特別な自治性の廃止に先立ち、アメリカ政府に相談も通知もしてこなかった」と国務省は明らかにした。

https://twitter.com/State_SCA/status/1159114095909580800

「自治権」剥奪、州の封鎖

インド政府は5日、70年にわたるカシミールとインドの複雑な関係性の基本原則「35A」を含む、インド憲法370条のほぼすべてを廃止すると発表した。

4日夜からは、同国が実効支配するジャンムー・カシミール州の封鎖を続けている。電話やインターネット・サービスは停止され、追加配備された何万ものインド軍兵士が州内を巡回している。

通信手段が遮断され、州の住民には外出禁止令が敷かれる中、投石などの住民による抗議行動が報告されている。

インド国内の別の地域で暮らすカシミール人は、ジャンムー・カシミール州内にいる家族と連絡がつかないと述べた。地方の政治指導者は拘束されている。

憲法370条

インド憲法370条は、ジャンムー・カシミール州に、独自の立法・行政・司法制度といった一定の自治性を認めており、法案作成も自由に行なえる。

さらに、市民権や財産所有権、基本的権利に関する独自の規定があるほか、州外からのインド人が、州内で物件を購入したり、定住することも禁止している。

インドとカシミールの緊迫した関係を70年にわたり、支えてきたこの憲法条項のほぼすべてを、インド政府は廃止した。

なぜカシミール地方が争点なのか

カシミールはヒマラヤ山脈の麓の地域で、インドとパキスタンがそれぞれカシミール全土の領有を主張している。

かつてはジャンムー・カシミール藩王国の自治領だったが、1947年にイギリスによる植民地支配が終わると、国は二分され、インドとパキスタンが誕生した。ジャンムー・カシミールはインド帰属となった。

これ以降、インドとパキスタンはカシミール地方の領有権をめぐり争いを繰り返した。

人口の大半をイスラム教徒が占める、インドが実効支配するジャンムー・カシミール州では、インドからの独立またはパキスタンへの編入を求める分離主義者による紛争が、約30年にわたり続いており、これまでに数千人が犠牲になった。

インドは、分離主義者を支援しているとして、パキスタンを非難している。一方パキスタン側は、民族自決権を求めるカシミール人に対し、道徳的かつ外交的な支援をしているだけだと反論している。

カシミールの宗教分布

インドが実効支配するジャンムー・カシミール州の人口の6割以上を、イスラム教徒が占めている。インド国内で、イスラム教徒が人口の大半を占める州は、ここだけだ。

多くのカシミール住民は、カシミール住民以外への土地購入をインド政府が認めることで、イスラム教徒が大半を占める同州の人口統計を変更しようとしていると考えている。

(英語記事 Pakistan downgrades ties with India in Kashmir row

提供元:https://www.bbc.com/japanese/49273709

関連記事

新着記事

»もっと見る