BBC News

2019年9月5日

»著者プロフィール

ボリス・ジョンソン英首相は4日夜、イギリスの欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)をめぐり、下院(定数650)で2つの重要な敗北を喫した。下院はまず、野党が提出したEUと離脱協定のないまま離脱する「合意なしブレグジット」を阻止する法案を可決。これを受け、首相は下院の解散と10月15日の総選挙実施を提案したが、下院はこれを否決した。合意なし離脱阻止法案は、6日夜にも上院を通過する見通し。

イギリスとEUが合意している現在のブレグジット期限は10月31日。下院の野党、ならびに与党・保守党から造反して無所属となった議員21人は、それまでにEUとの離脱協定がまとまらなければ、離脱延期をEUに要請するよう首相に義務付ける法案を提出。院内手続きを1日で済ませ、これを賛成327、反対299で可決した。

法案成立には貴族院の承認が必要となる。貴族院ではブレグジット派議員が、法案の審議引き延ばしを目的に100項目以上の修正を要求している。ジョンソン首相の決定で、議会は9日から12日の間にいったん閉会し、10月14日に再開する予定となっている。

ブレグジット延期法案の可決を受けて、ジョンソン首相はこれではEUと交渉ができないと反発し、議会の解散と総選挙の前倒しを提案した。イギリスでは2011年の議会任期固定法(FPA)により首相の議会解散権が制限されており、解散には内閣不信任案の可決、または下院議員の3分の2以上の同意が必要と定められている。

この日の下院は、解散・総選挙に議員298人が賛成したものの、56人が反対、288人が棄権した。必要な434票には136票、足りなかった。

最大野党・労働党の消息筋はBBCに対し、自分たちは棄権したと話したものの、実際には3人が賛成、28人が反対票を入れたもよう。

野党・スコットランド国民党(SNP)も棄権した。

<関連記事>

総選挙否決に先立ち、ジョンソン首相は下院がEUとの交渉を「台無し」にしたと批判した。

これに対して労働党のジェレミー・コービン党首は、ジョンソン首相が議会の閉会決定などを通じて、合意なしブレグジットをごり押ししようと「不誠実」に画策していると反発した。

コービン党首は、この日下院を通過したブレグジット延期法案が成立した後ならば総選挙の前倒しに応じるが、成立前の選挙には応じないと強調した。

同様にSNPと野党・自由民主党も、ジョンソン首相の一連の動きは、イギリスを離脱協定なしで強引にEUから離脱させようとする策略だと批判した。

一方で、ジョンソン首相派の議員たちは、労働党は2年前から総選挙を要求していたのではなかったかと反論した。

総選挙提案が否決されると、ジョンソン首相はコービン党首について、「この国の民主制の歴史の中で、選挙実施の提案を野党党首が初めて拒否した」と批判。「この立場がいかに持続不可能なものか、(コービン氏と)その同僚たちは今晩から今後数日の間に、熟考していただきたい」と促した。

採決に先立ちコービン氏は、首相からの総選挙の提案は「白雪姫に差し出されたリンゴのようなものだ(中略)合意なし離脱という毒を差し出されたに等しい」と批判していた。


ブレグジット延期法案の内容は

下院が賛成327、反対299で可決した法案は、首相は10月19日までに、離脱協定の議会承認を得るか、さもなければ下院から合意なし離脱の承認を取り付けなくてはならないと定めている。

この締め切りが過ぎた後は、首相はイギリスの離脱期限を来年1月31日に延長するようEUに要請しなくてはならない。異例の措置として法案は、首相がEUにこれを要請する際の書簡の文言まで定めている。

法案によると、もしEU側が別の離脱期限を逆提案した場合、首相は2日以内にその提案を受け入れる。ただし、その期間にEUの提案を拒否する権限は政府ではなく、下院にあるという。

法案ではさらに、ブレグジット交渉の進捗状況について閣僚が議会に報告するよう求めている。

上院(貴族院)は5日午前1時半までこの法案を審議した。保守党のヘンリー・アシュトン上院院内幹事長は、6日午後5時までに上院での手続きは全て終了する見込みだと発表した。

当初はブレグジット派議員が多数の修正を求めたため審議が難航するとみられていたが、与野党協議の結果、反対派も支持に回ったという。

下院は9日に上院による修正を審議し、女王の裁可を経て正式に法律として成立する。


各党の反応は

労働党のコービン党首は解散総選挙を否決する前、「(合意なし離脱を阻止する)法案が成立して女王の裁可を得た後なら、選挙を支持する。合意なしで強引に離脱してしまわないように」と述べた。

コービン党首は離脱期限の10月31日より早い総選挙は認めない方針を示しているという。BBCのローラ・クンスバーグ政治編集長が、ベテラン議員の話として伝えた。

下院でSNPを率いるイアン・ブラックフォード議員は、前倒し総選挙の議論はそもそもジョンソン首相が延期法案で敗れたからだと批判。「(ジョンソン氏は)この下院の意思を受け入れ、議会が可決した法案を受け入れ、首相としての責務を受け入れ、10月17日に欧州理事会へおもむき、(議会に)指示されたとおりに離脱延期を交渉しなくてはならない」と苦言した。

自由民主党のジョー・スウィンソン党首は、超党派の議員が離脱延期法案のため協力し合ったのは「国益を最優先した」からだと称賛する一方、ジョンソン首相の反応は「まるで自分の計画が邪魔されたかのようで(中略)とても興味深い」と指摘。「合意なしで離脱するぞと脅すというそれだけを交渉材料に、EUを威圧するつもりだったという、ただそれしか計画していなかったというなら(中略)あまりしっかり練られた計画ではない」と述べた。

これに対して、保守党のナイジェル・エヴァンズ議員は野党を批判し、「(選挙の)機会を与えられたのに、おびえて逃げた。首相からだけでなく、総選挙からだけでなく、この国の国民から。国民は2016年に、EUを出たいと言ったのに」と述べた。

この日の審議に先立ち、労働党のサー・キア・スターマー影のブレグジット担当相は労働党議員団に、EUと離脱延期を合意するまでは党執行部は総選挙を支持しないと表明していた。

一方で、SNP党首でスコットランド自治政府首相のニコラ・スタージョン氏はツイッターで、野党は離脱延期法案が成立した後、しかし議会が閉会される前に「なんとしても総選挙の実施を決めなくてはならない」と書いた。スタージョン氏はさらに、「労働党はまったく選挙に乗り気でないように思えてきた。この首相は目的のためなら何でもする人だと知りながら、このまま留任させるなど無責任だ」と書いた。

(英語記事 Boris Johnson's call for general election rejected by MPs / Brexit: MPs back bill aimed at blocking no deal / Parties in late-night pact to get bill past Lords

提供元:https://www.bbc.com/japanese/49589020

関連記事

新着記事

»もっと見る