BBC News

2019年9月13日

»著者プロフィール

オーストラリア警察がこのほど繰り広げた国際的な違法薬物密輸組織の逮捕劇で、怒ったアザラシが一役買った。

警察によると、密輸組織の乗ったヨットが西オーストラリア州ジェラルトンの沿岸で座礁し、イギリス国籍とフランス国籍の2人がバートン島に隠れているとの通報を、今月2日に受けた。

この2人はゴムボートで島にたどり着き、コカインやエクスタシーと呼ばれるメチレンジオキシメタンフェタミン(MDMA)や、覚せい剤のメタンフェタミンなどを海藻の中に隠していたとされる。

翌3日、捜査の手が伸びていると知った2人は、島から逃げ出そうと画策。ところが、「非常に大きなアザラシ」がその行く手を阻んだ。

ジェラルトンで海難救助ボランティアを指揮するデイミアン・ヒーリー氏によると、「2人はアザラシを起こしてしまった。アザラシは跳び上がって胸を突き出し、2人にほえかかった」。

「犯人らは、アザラシに立ち向かって逃げるか、逮捕されるかのどちらかだった。彼らは結局、逮捕される方を選んだ」

警察はこのほか、別のイギリス人とアメリカ人、オーストラリア人の計3人を、西オーストラリア州の州都パースで逮捕した。

押収した違法薬物は、68万8000ドル(約7500万円)相当に上った。

「大型組織を崩壊させた」

地元のニュースサイト、パース・ナウによると、クリス・ドーソン警察署長はこの3人について、違法薬物を受け取る「海岸班」だったと説明している。

ドーソン署長は、「われわれは大きな国際薬物シンジケートを崩壊させた」と述べた。一方、現在もイギリスなどの協力関係にある組織と共に捜査に当たっていると話した。

また記者団に対し、「ショッキングピンクのシャツを着ている時は低木の間に隠れない方がいい」とアドバイスした。

(英語記事 Angry seal 'helps' bust alleged drug ring

提供元:https://www.bbc.com/japanese/video-49685039

関連記事

新着記事

»もっと見る