WEDGE REPORT

2014年12月20日

»著者プロフィール

 2015年の意気込みについて尋ねると、「妖怪ウォッチ以上のヒットを飛ばす1年にする」と語ってくれた。現在仕込んでいる作品も「幼少期に自分が好きだったものを現代風にアレンジするという発想が活かされている」そうだ。妖怪ウォッチ同様、ゲーム、テレビアニメ、マンガを用いるクロスメディア戦略を展開するという。

 「妖怪ウォッチのシナリオ作成には多くの時間を割いているのですが、今は週によってはそれ以上に『新しいタイトル』に時間を割いているんです。来年の今頃には、妖怪ウォッチもレベルファイブも今と異なるイメージになっていることでしょう。2015年も変わり続けますよ」

日野社長は福岡をゲームの聖地にしたいと考えている
(GETTY IMAGES)

 レベルファイブは創業以来、本社を福岡に置き続けている。「東京へ本社を移転する気はありません。ハリウッドが映画の聖地になったように、福岡をゲームの聖地にするんです」。日野が描き続ける夢の続きに期待したい。(敬称略)

(編集部 伊藤 悟)

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

◆Wedge2015年1月号より

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る