食の安全 常識・非常識

2015年6月24日

»著者プロフィール
著者
閉じる

松永和紀 (まつなが・わき)

科学ジャーナリスト

1963年生まれ。89年、京都大学大学院農学研究科修士課程修了(農芸化学専攻)。毎日新聞社に記者として10年間勤めたのち、フリーの科学ジャーナリストに。主な著書は『踊る「食の安全」 農薬から見える日本の食卓』(家の光協会)、『食の安全と環境 「気分のエコ」にはだまされない』(日本評論社)、『効かない健康食品 危ない天然・自然』(光文社新書)など。『メディア・バイアス あやしい健康情報とニセ科学』(同)で科学ジャーナリスト賞受賞。「第三者委員会報告書格付け委員会」にも加わり、企業の第三者報告書にも目を光らせている。

結局、バランスのよい食生活の効率がいい

 トランス脂肪酸のみに注目するのではなく、バランスよく適度な量を食べる食生活に気を配る方が、トランス脂肪酸の低減だけでなく、飽和脂肪酸の摂り過ぎ防止もでき、肥満による生活習慣病、がんリスクの上昇なども防ぐことができます。一石二鳥どころか三鳥、四鳥。こちらの方が、圧倒的に効率がいい。国が盛んに「バランスよく適度な量を食べる食生活を」と呼びかけるのも、やっぱり国なりの計算があるのです。

 複雑な話をここまで読んでくださって、ありがとうございました。ああ、私も「トランス脂肪酸は危険、食べるなマーガリン!アメリカは規制したのに日本は野放し」とさらさらと書きたい。そうしたら、短時間で効率よく、アクセス数をバリバリ稼げるかも。

 でも、それはあまりにもダメダメの単純さなのです。いろいろ調べて、複雑なことはそのまま受け止めて考えましょうよ、と何度でも言いたい、書きたい、と思います。

(6月24日追加)

日本では今年4月、加工食品の容器包装における栄養成分表示(熱量、たんぱく質、脂質、炭水化物、食塩相当量)が義務化されました。ただし、5年間の猶予期間があります。このほか、将来の義務化を見越して、飽和脂肪酸と食物繊維の表示が推奨されています。トランス脂肪酸は、対象となっていません。

メーカー等の中には、飽和脂肪酸やトランス脂肪酸含有量をウェブサイトで情報開示するところが出て来ています。参考文献に挙げた雪印メグミルク、日本生協連のほか、山崎製パン、神戸屋なども、主な製品の含有量を公開しています。

[参考文献]
・科学無視のトランス脂肪酸批判 思わぬ弊害が表面化 日本人への影響は?
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/1932
・アメリカFDAニュースリリース The FDA takes step to remove artificial trans fats in processed foods
http://www.fda.gov/NewsEvents/Newsroom/PressAnnouncements/ucm451237.htm
・アメリカFDA・GRAS
http://www.fda.gov/Food/IngredientsPackagingLabeling/GRAS/
・アメリカCDC(疾病予防管理センター)・Heart Disease Facts
http://www.cdc.gov/heartdisease/facts.htm
・食品安全委員会・食品に含まれるトランス脂肪酸の食品健康影響評価の状況について
http://www.fsc.go.jp/osirase/trans_fat.html
・農水省・トランス脂肪酸に関する情報
http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/trans_fat/index.html
・雪印メグミルク(株) 「トランス脂肪酸、その他脂質成分について」
https://www.meg-snow.com/news/2014/pdf/20141001-920.pdf
・日本生活協同組合連合会・トランス脂肪酸問題についてのQ&A
http://jccu.coop/food-safety/qa/qa01_02.html

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る