ビジネスパーソンのグローバルスーツ選び

2016年4月2日

»著者プロフィール
閉じる

たかぎ こういち (髙木 浩一)

タカギ&アソシエイツ代表。著述業、コンサルタント、スタイルアドバイザー。
一般社団法人ファッションエデュケーション協会理事。
1952年大阪生まれ。若くして服飾雑貨卸業を大阪で起業。98年、現フォリフォリジャパングループとの合弁会社取締役に就任して以来、アニヤ・ハインドマーチ(英国)、オロビアンコ(伊)、リモワ(独)、など海外のファッションブランドを日本市場に紹介、急成長をプロデュース。また、「東京ガールズコレクション」「デザイナーズ&エージェント」など国内外のファッションイベントにも参画。2008年共同創業した“Manhattan Portage”(米)代理店企業を9桁利益計上させ12年にセミリタイア。大好きなメンズファションに関し国内外で独自の視点から再検証しオリジナルメソッド「6ポインツ メソッド」を体系化する。13年10月永い業務経験を活かしタカギ&アソシエイツを起業。コンサルタント、執筆、専門学校講師、セミナー実施等で活躍中。日本のビジネスマンのグローバルなファションリテラシーの向上を目指す。著書に『オロビアンコの奇跡』(繊研新聞社)、共著に『超入門日・英・中 接客会話攻略ハンドブック ファッション販売編』(繊研新聞社)。
 

眼鏡選び

セルフレーム

 ビジネスマンの眼鏡着用率は高いです。ところがご自身の顔の形と眼鏡デザインには余り意識されません。顔を見ながらの商談ですから眼鏡は必ず印象に大きく影響します。

セルフレームとメタルフレームコンビ

 ビジネスシーンでの眼鏡は基本的には装飾がなく素材はセルロイド、メタルもしくは両者のコンビのシンプルな物です。顔型別のお勧めは次の通りです。丸顔の方はスクエアフレームがフェイスラインを引き締めて見せてくれます。痩せた方に多い逆三角形の顔にはオーバルフレームが優しい印象を与えます。ベース顔の方はボストンフレームがラウンドより大きめでエラの張りを中和してくれます。面長な方はウエリントンフレーム、縦幅が広く顔の長さをカバーしてくれます。勿論、鉄則ではないので基本としてご理解下さい。メタル素材はシャープな印象ですのでビジネスシーンによっては最適です。

 いくつかの眼鏡で気分を変えて仕事に出かけましょう。新しい眼鏡選びも遺産相続人のご意見を反映させれば失敗リスクは低くなります。

時計・アクセサリー選び

 ビジネスシーンでの腕時計は当然ですが目立つ大型腕時計やスポーティなプラスティック製は避けましょう。勿論、いくら資産が有っても成金ゴールド時計やダイヤモンド付きはお金を稼ぐビジネスシーンでは着用しません。お金を大散財する場面でひけらかすのがお似合いです。本誌読者には少ないかも知れません。指輪やカフスボタンも目立たないのが大原則。ロックスタースタイルの出番は有りません。

似合うヘアースタイル

 男性はヘアースタイルも理容店も余り変えません。すごい人は子供の頃から変っていない鉄人もいらっしゃいます。正に旧式のまま今に至ると同じで携帯電話を15年間使っている感じです。

 ビジネスマンのヘアースタイルですから清潔感が第一です。ビジネスシーンではポイントはひとつ前髪を下ろさずに上げましょう。額を見せる方が知的な印象になります。年齢を重ねると頭髪が薄くなる方も多いでしょう。当然白髪も増えます。頭髪の薄い方に以外とお勧めがオシャレ坊主系の短髪です。精悍な印象でスーツ姿にも似合います。もし髭が許されるなら是非お試し下さい。最近の高橋ゆきひろさんも64歳ですが好感度は非常に高いです。

 人生のポジションや時代に合せて髪型も変えて良いと思います。たまには新しい理容店で冒険?! する事をお勧めします。

 初回のケインズの学びから始まりました「ビジネスパーソンのグローバルスーツ選び」はTPOとSFCから名付けた6ポインツメソッドに沿って順次ご説明をしました。

 今まで服装にあまり興味を持たず、何を選んでいいのかも解らなかったビジネスパーソンの方々の役に少しでも立てたならば幸いです。服装もビジネスパーソンの必要素養となる昨今です。

 第5話の最後となりますが皆様にマーク・トウェインの言葉を送ります。「成功の秘訣とは、始めることだ」。何事も始めなければ結果は生まれません。さあ新しいスーツやネクタイ選びと共にグローバルな新しい人生を身にまとって下さい。必ず素晴らしい未来が近づいてきます。Good Luck!! 

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る