人事は企業を変えられる

2016年4月4日

»著者プロフィール
閉じる

寺川尚人 (てらかわ・なおと)

Indigo Blue社長、テラマネジメントデザイン社長。1982年ソニー入社。人事VP、人事部門長など、人事業務に従事しながら、多種多様な新規事業の立ち上げと数十の業態の取締役等の経営経験を持つ。

 いくつもの新規事業立ち上げにかかわって来て、事業の成功確率をあげるポイントが分かってきた。それは事業計画のスタート段階から人事が参画することだ。1人の人材を入れることにより、危機を回避し、難局を打開したケースに遭遇したことは枚挙にいとまがない。誰がビジネスを立ち上げるのか、どのようなメンバーを揃えるかで、成否は大きく左右される。

iStock

 新規事業は会社にとって次の柱となる可能性を秘めたビジネスだ。それを興す人材を選ぶことは、今後の会社のDNAを継承していく人材を選ぶことと同義だと言える。

 一般的に人事は、「所詮人事に言ってもビジネスは分からない」「事業計画はできた。人材はどうにかしてくれ」と腑に落ちない仕事をさせられる。私も、人材探しが後追いになり、ビジネスの立ち上げ時に“あり合わせ”の部隊で始めざるを得ない経験を沢山してきた。

 新規事業計画にしろ、M&Aのデューデリジェンスにしろ、カネとモノについては外部の意見も得ながら、あらゆる角度から徹底的に検討・検証する。人材に関する事業計画となると、詰めが甘くなることが多い。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る