WEDGE REPORT

2016年6月24日

»著者プロフィール
閉じる

田村明子 (たむら・あきこ)

ジャーナリスト

盛岡市生まれ。1977年米国に単身留学し、1980年から現在までニューヨーク在住。著書に『ニューヨーカーに学ぶ軽く見られない英語』(朝日新書)、『知的な英語、好かれる英語』(生活人新書)、『女を上げる英会話』(青春出版社)、『聞き上手の英会話』(KADOKAWA/中経出版)など。翻訳書も多数。フィギュアスケートライターとしても知られており、『銀盤の軌跡』(新潮社)などの著書もある。

 ニューヨーカーにとって、地下鉄は生活に欠かせない乗り物だ。

 車両がグラフィティアートに埋もれていたのは一昔前のお話。このところ電車は比較的清潔になり、以前よりも安全になって車内広告も洗練されたポスターが目立つようになってきた。

ニューヨークのグランド・セントラル駅構内(iStock)

“東京化”しつつある地下鉄

 以前はスケジュールなんてあってないようなものだったのに、最近ではメジャーな駅には「次の電車は何分で到着」という電光掲示板も設置された。

 日本人の目から見ると、ニューヨークのサブウェイは限りなく「東京化」されてきた、と言っても良い。

 これらは良い意味での「東京化」だけれど、残念ながら、あまり名誉ではない「東京化」もある。

 それは、ここ15年ほどで車内で居眠りをする人を見かけるようになったこと。そして、若い人たちがあまり年寄りに席を譲らなくなったことである。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る