ビジネスパーソンのための「無理なく実践!食育講座」

2016年7月11日

»著者プロフィール
著者
閉じる

佐藤達夫 (さとう・たつお)

食生活ジャーナリスト

1947年5月30日、千葉県千葉市生まれ。1971年北海道大学水産学部卒業。1980年から女子栄養大学出版部へ勤務。月刊『栄養と料理』の編集に携わり、1995年より同誌編集長を務める。1999年に独立し、食生活ジャーナリストとして、さまざまなメディアを通じて、あるいは各地の講演で「健康のためにはどのような食生活を送ればいいか」という情報を発信している。日本ペンクラブ会員、女子栄養大学非常勤講師(食文化情報論)、食生活ジャーナリストの会事務局長。主な著書共著書に『食べモノの道理』(じゃこめてい出版)、『栄養と健康のウソホント』(一般社団法人家の光協会)、『これが糖血病だ!』(女子栄養大学出版部)、『安全な食品の選び方・食べ方事典』(成美堂出版)、『野菜の学校』(岩波書店)、『新しい食品表示の見方がよくわかる本』(中経出版)ほか多数。講演活動では、「あなたはなぜやせられないか?」「生活習慣病は自分で治す」など肥満や糖尿病のメカニズムや、「健康長寿のための食事と生活」という食生活と健康にまつわる最新情報を、医師の視線ではなく、一般の人にわかりやすいことばで提供する。あるいは、健康を保つ上で欠かせない技術としての「安全な食品の選び方」や「食品表示の見方」あるいは「健康にいい野菜の栄養情報」を、やさしく解説する。また、長年、女性雑誌を編集してきた立場から、「男性の家事が社会を変える」「中高年からの二人暮らし」などのテーマで、男性の家庭内自立を説く。

健康情報を求めるようになったのは
「つい最近」のこと

 現代では、老若・男女を問わず、多くの日本人がいわゆる「健康情報」を求めている。それはなぜかというと、健康的な生活習慣(主として食習慣)を身につければ、健康で長生きができると信じているからだ。たしかに、確率的にはこのことは当たっている。

 しかし、このこと--生活習慣の善し悪しによって健康で長生きができること--がわかってきたのは、実は「つい最近」のことである。たった30年か40年くらい前からだ。それまでは、食生活で人の健康や寿命が左右されると考える人はそれほど多くはなかった。健康や寿命を左右するのは、ひとえに医療の力であると、多くの人が考えていた。

 半世紀ほど前まで、日本人の死因の第1位は結核や肺炎などの感染症だった。日本人の疾病構造が変わり、今では多くの日本人が糖尿病や高血圧症や脂質異常症など、いわゆる生活習慣病を主原因とする脳卒中や心疾患によって、死に至るようになった。ガンや認知症でさえ、生活習慣が深く関わっている。つまり、生活習慣を改善することによって、これらの致命的な病気になるリスクを下げ、健康で長生きできるらしいということが明らかになってきたのだ。

 それ以来、日本(に限らず先進国)の多くの人が健康情報・食情報を追い求めるようになったのだ。かつては、著名な学者や医師の経験を頼りに、健康や長寿の道を探っていた(今でもそれに頼る人はものすごく多いのだが)。最近になってようやく、個人の体験や推測に基づくのではなく、きわめて多くの根拠ある科学的データ(エビデンスという)に基づいた食事法や生活習慣が効果的であると気づいたのである。

iStock

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る