ネット炎上のかけらを拾いに

2016年7月26日

»著者プロフィール

 久々にいいニュースを見た。熊本地震が発生した直後に「動物園からライオンが逃げ出した」という虚偽の内容をツイッターに投稿した男性が偽計業務妨害の疑いで逮捕されたのだという。ときとして一般人がメディア以上の力を持つ現代、こういった悪質な発信は対処されてしかるべきだと感じる。

熊本市動植物園に100件超えの問い合わせ

 7月20日に逮捕されたのは神奈川県に住む20歳の男性会社員。4月14日に熊本県を中心に震度7が観測された約25分後の21時50分頃に、ライオンが道路を歩く画像とともに、「地震のせいでうちの近くの動物園からライオン放たれたんだが 熊本」とツイッターに投稿した。

 1時間で少なくとも2万件リツイートされたというこの投稿。筆者も実際に目にしたのでよく覚えている。以前、この画像をネット上で見たことがあり、また目にしたときはすでに他の人が「これは大嘘」と指摘していたので、すぐに悪ふざけと気づくことができた。しかし、そうでなかったら多少なりとも驚いていたはずだ。当日23時の時点で、すでにリツイート数が2.7万件、いいねが1.7万件であり、「ほんものですか!?」「こんな近くで撮ってるんですか!?」とリプライを送っている人もいる。中にはウソだと気づきながら悪ふざけに便乗してリツイートした人もいるだろうが、内容を信じて危険を知らせようという善意でリツイートした人も多いだろう。

 画像に写っている信号機は日本では見られないタイプであり、よく観察すればこれが外国であることはわかる。しかし、地震発生直後で気持ちが動転していたり、そもそもネットの利用頻度が低い人であれば、夜の市街をライオンが歩いている画像を見ただけで、「怖い」という気持ちを持つのは仕方ないことだろう。自分自身がネットリテラシーが高くても、自分の両親や祖父母世代がこういった画像に絶対に惑わされないと断言できる人は少ないはずだ。実際に、熊本市動植物園には100件を超える電話での問い合わせがあり、職員は点検などの業務を妨害されることになった。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る