BBC News

2016年9月30日

»著者プロフィール

米大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン前国務長官は29日、共和党候補ドナルド・トランプ氏が所有する会社がキューバでドルを使い米国の経済制裁に違反したとの報道を受けて、トランプ氏が違法行為に関わっていた可能性があると非難した。

米誌ニューズウィーク(電子版)は同日、トランプ氏所有のカジノ会社「トランプ・ホテルズ・アンド・カジノ・リゾーツ」が1998年にキューバ進出の可能性を探るため、コンサルティング会社に調査を依頼し、少なくとも6万8000ドル(約690万円)を支払ったと報じた。会社の記録や元関係者への取材、裁判所に提出された記録などから明らかになったとしている。

同誌によると、支払いを合法的なものに見せかけるため、ローマ・カトリック教会の慈善活動に関連した訪問を装っていた。

トランプ陣営で選挙対策責任者を務めるケリアン・コンウェイ氏は、トランプ氏の会社はキューバに投資しなかったとし、トランプ氏は従来からキューバへの経済制裁に賛同してきたと語った。トランプ氏も、キューバでの投資の誘いを何度も断ってきたと述べている。

一方クリントン氏は、「我々の国は法治国家だ。トランプ氏がキューバ市場に進出しようとして、合衆国法や経済制裁の下での企業取引に対する規制よりも自分の企業の利益を優先させたことは、彼が自分自身、またビジネス上の利益を、法律や価値観、そして合衆国の政策よりも大切にしているのを示している」と語った。

多くのキューバ移民が住むフロリダ州が地元のマーコ・ルビオ上院議員は、「彼ら(トランプ陣営)からの説明が必要だ」とし、「これが本当に起きたことなら、米国法に違反している」と語った。ルビオ氏は共和党の予備選でトランプ氏と党候補の指名を競った。その後、トランプ氏支持を表明している。

トランプ氏は1999年にフロリダ州の地元紙マイアミ・ヘラルドへの寄稿で、キューバで投資するチャンスがあったものの、断ったとしている。同氏は投資について、「フィデル・カストロ(当時のキューバ指導者。2006年に引退)を孤立させるという長年の米国の政策に反することになる。選択肢は2つ。巨大な利益か人権か。私にとって答えは簡単だった」と述べていた。

(英語記事 US election 2016: Trump accused of Cuba embargo breach

提供元:http://www.bbc.com/japanese/37515481

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る