BBC News

2016年10月25日

»著者プロフィール

ジェームズ・ギャラガー科学・ヘルス担当記者

女性のアルコール消費が男性とほぼ同レベルになっていることが、オーストラリアの研究で分かった。特に若年層でその傾向が見られるという。

豪ニューサウスウェールズ大学の研究チームは、既に公表されている68件の研究論文から、1891年から2001年にかけて生まれた男女400万人のデータを分析した。研究結果は英医学誌「BMJオープン」に24日に掲載された。

従来は、アルコールを飲むのは女性よりも男性が圧倒的に多く、結果としてアルコールが原因の健康問題も男性に集中していたが、近年では男女差が縮小しているという。

専門家は、アルコール消費における男女差の縮小の背景には、男女の社会的役割の変化もあると指摘した。

今回の研究によると、20世紀初頭に生まれた人の間では、男性がアルコールを少しでも飲む確率は女性の2.2倍で、消費量が問題になる確率は3倍だった。また肝硬変など健康問題を引き起こす確率は3.6倍だった。

しかし、時代が下がるにつれ男女差は縮小し、20世紀末に生まれた男性がアルコールを少しでも飲む確率は女性のわずか1.1倍で、消費量が問題になる確率は1.2倍、健康問題を引き起こす確率は1.3倍だった。

データは世界中から集められているが、北アメリカと欧州がかなりの部分を占めている。

研究論文は、「アルコール消費とアルコール問題は、歴史的に男性の現象と考えられてきた。今回の研究はその前提に疑問を投げかけるもので、アルコール・薬物使用とそれに伴う影響の低減を連携して目指すにあたって、特に若い女性を対象とするべきだと示唆されている」と提言した。

ロンドン大学衛生熱帯医学大学院のマーク・ペティクリュー教授は、「ここ何十年かのうちに男性と女性の役割が変化してきた。このこともアルコール消費の動向の背景にあるだろうが、それがすべてではない」と語った。

「アルコールの入手が容易になったことに加え、女性、特に若い女性をターゲットにしたアルコールの販促活動が多いのも大きい。専門家は、男性か女性かを問わず公衆がアルコール消費に伴う健康リスクを理解し、リスクを低減する方法を知る手助けをするべきだ」

(英語記事 Women 'nearing equality with men - in alcohol consumption'

提供元:http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-37759116

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る