From LA

2017年1月13日

»著者プロフィール
閉じる

土方細秩子 (ひじかた・さちこ)

ジャーナリスト

ボストン大学コミュニケーション学部修士課程終了、パリ、ロサンゼルスでテレビ番組製作に携わり、1993年より米国でフリーランスのジャーナリスト活動を行う。

 ガイ・カワサキ氏は元々アップル社のエバンジェリストで、その後グーグル関連で働き、現在はコンサルタント、起業投資も行い、IT業界では名のしれた人物だ。そのカワサキ氏がCESでメルセデス・ベンツのトークセッションに登場した。内容はベンツが提唱する「ラスト・マイル・ソリューション」である。ラスト・マイル・ソリューションという言葉は米の交通業界では良く聞かれる。

ラスト・マイル・ソリューション

メルセデスの「ビジョン・バン」

 例えば公共交通を推進する運動の中で、特にロサンゼルスのような都市では「ダウンタウンから家の最寄り駅まで鉄道を利用したとしても、そこから自宅までの交通手段がない」という問題が発生する。これを解決するためにライドシェアや自転車などのシェアサービスが生まれたと言っても過言ではない。

 ただしメルセデスのラストマイルはやや意味が異なる。ここで語られたのは配達を念頭に置いてメルセデスが開発した新しいタイプの商用車、「ビジョン・バン」である。このバンには屋根にメルセデス製のドローンが2基備わっているのだ。

 

 ビジョン・バンは後部コンパートメントが貨物になっており、配達する品物を収納する棚がずらりと並ぶ。メルセデスのバン部門のトップ、ヴォルカー・モーンヒンウェグ氏はビジョン・バンの開発理由について「グローバルな経済開発の上で人と物の動きは非常に重要なものだ。デジタル化とIoTにより、現在我々は再び産業、経済革命に直面している。オンラインコマースが隆盛となり、物流にもデジタル化の波が押し寄せている。インテリジェント・コネクティビティにより新しいサービスを可能とし、エンド・カスタマーの満足度をますとともに効率的なデリバリー・オペレーションを考える必要がある」と語る。

 

 ビジョン・バンのコンセプトは単なる配送バンではなく、貨物の積み込みの段階からすでにインテリジェント、つまりすべてがコンピュータ制御され配達の順番、ルートまで考えた上で物品の積み込みがロボットによって行われる。ドライブトレインはEVで、継続走行距離は270キロ。このバンによって配達地域まで移動し、残りの個別配送はドローンによって自動的に行われる、というアイデアの提供だ。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る