BBC News

2017年1月16日

»著者プロフィール

1960年代の米公民権運動でマーティン・ルーサーキング牧師たちと共に闘ったジョン・ルイス下院議員を、ドナルド・トランプ次期米大統領がツイッターで「口先だけ」と攻撃したことについて、複数の政治家や著名人、ソーシャルメディアの利用者が、トランプ氏を非難している。

ルイス議員(民主党、ジョージア州選出)は13日、NBCの番組でトランプ氏について、「当選させるためロシアが協力したと思う」、「(ロシアが)ヒラリー・クリントン候補の勝利を妨害した」と発言。自分はトランプ氏を正当な大統領として認めないので、20日の就任式は欠席すると表明した。

これに対してトランプ氏は14日、ルイス議員を攻撃するツイートを連投。「ジョン・ルイス下院議員は、選挙結果についてでたらめに文句を言うよりも、(犯罪まみれというだけでなく)ひどい状態でボロボロな自分の選挙区を立て直して助けるために、もっと時間を使うべきだ。口先でしゃべりまくってるだけで、なんの行動も結果もない。残念だね!」などと書いた。

公民権運動で闘い、黒人隔離政策に抵抗してたびたび警察に暴力を振るわれ、繰り返し逮捕されたルイス議員は、キング牧師たちと共に1963年8月28日のワシントン大行進に参加。リンカーン記念碑からキング牧師が歴史的な「私には夢がある」演説をする直前に、ルイス氏も演説した。あの日の登壇者で今も存命なのは、ルイス議員のみ。

ルイス議員が1987年以来、下院議員を務めるジョージア州第5選挙区には、州都アトランタの75%と周辺の裕福な郊外住宅地が含まれる。

有権者の約6割はアフリカ系。犯罪発生率と失業率は全国平均よりも高いが、州の高等教育機関のほとんどがこの選挙区内にあり、コカ・コーラやデルタ航空など複数の大企業の本拠地が選挙区内にある。


ルイス氏の支援者たちは、トランプ氏の連続ツイートにただちに反発。民主党のカマラ・ハリス上院議員(カリフォルニア州選出)は、「ジョン・ルイスは公民権運動の一人者で、恐れを知らず正義と平等を大胆に追究してきた。このような扱いはふさわしくない」と議員はツイートした。

ほかにも、ルイス議員の勇気を称えるほか、よりによってキング牧師の生誕記念日(今年は16日)の直前にトランプ氏がルイス氏を侮辱したと、反発する声も相次いだ。

黒人市民の有権者登録を呼びかけた1965年3月の平和的行進を、警察が力で制圧しようとしたいわゆるアラバマ州セルマの「血の日曜日」に、行進を先導したルイス氏が警官に頭を殴られ、頭蓋骨にひびが入る被害を受けた際の写真が、繰り返しソーシャルメディアに投稿された。

共和党からはベン・サス上院議員(ネブラスカ州選出)が、ルイス氏の「口先」は世界を変えたとツイート。ただしサス議員は、就任式のボイコットには賛成しないと述べ、「これはひとりの人間のことではない。平和的な政権移行を祝うためのものだ」と述べた。

トランプ氏の大統領就任をめぐっては 黒人人権活動家アル・シャープトン師がワシントンで抗議行動を開始。14日には極寒の天気の中、数千人が「正義がなければ平和もない」と合唱しながら、キング牧師記念碑へと更新した。

就任式に多くの大スターや人気歌手が出演を断ったと報道されるなか、いったん出演が発表されたブロードウェイ・スターのジェニファー・ホリデイさんが14日、出演を取りやめると発表した。ホリデイさんはこれまで、民主・共和両党の大統領の前で歌声を披露してきたが、今回は性的少数者(LGBT)をはじめ多くのファンから就任式出演を批判されていた。

出演を中止すると発表したホリデイさんは、「判断を間違えた」と謝罪し、就任式出演がトランプ氏への支持表明とみなされるとは思わなかったと説明した。

(英語記事 John Lewis: Trump slammed for attack on rights icon

提供元:http://www.bbc.com/japanese/38633818

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る