世界潮流を読む 岡崎研究所論評集

2017年2月24日

»著者プロフィール

 TPPが単に参加国の経済関係の強化のみならず、米国を中心とする関係国間の政治・安全保障協力関係の強化をもたらすことが期待されていたことは間違いありません。

アジア太平洋安定イニシアチブ

 その意味でも、トランプのTPP離脱通告を受けて、マケイン上院議員が「アジア太平洋安定イニシアチブ」を提案したことは、時宜にかなっており、歓迎すべきです。トランプ大統領の諸政策が物議をかもす中で、米国の防衛力強化を謳っているのは歓迎すべきです。トランプ政権がマケイン議員のイニシアチブと真剣に向き合うことを期待したいものです。他方、日本も中国、北朝鮮を念頭に置いた日本自身の防衛体制の一層の強化に努めるべきでしょう。

 それと同時に、アジア・太平洋地域の関係国との間の政治・安全保障面の協力を進めるべきです。昨年2月、フィリピンとの間で「防衛装備品及び技術の移転に関する協定」が結ばれたのは、この種の協力を推進するうえで重要なことです。ベトナムとの間でも安全保障面の協力推進の機運が高まっています。このような機運が広くアジア・太平洋地域に広がることが望まれます。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る