征夷大将軍になり損ねた男たち

―トップの座を逃した人物に学ぶ教訓の日本史

二木 謙一
電子版あり
征夷大将軍になり損ねた男たち
電子版あり
征夷大将軍になり損ねた男たち
―トップの座を逃した人物に学ぶ教訓の日本史
二木 謙一

天正10年6月、「本能寺の変」勃発! 明智光秀は将軍宣下を受けていた!? 2020年度NHK大河ドラマ「麒麟がくる」関連本。

定価:1,430円(税込み)
新書判並製 232ページ
発売日:2019年12月20日
ISBN:978-4-86310-222-4
試し読み
リンクをコピーしました

目次

はじめに 明智光秀は将軍宣下を受けていたのか

――「なり損ない」が教える人と組織の教訓

第1章 武家の棟梁〝将軍〞になり損ねた平安末期・鎌倉時代の人物

第2章 乱世に〝将軍〞になり損ねた室町・戦国時代の人物

第3章 太平の世に〝将軍〞になり損ねた江戸時代の人物

第4章 将軍に替わる〝トップ〞になり損ねた幕末維新の人物

著者プロフィール
二木 謙一 (ふたき けんいち)
文学博士

1940年東京都生まれ。國學院大學大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。専門は有職故実・日本中世史。國學院大學教授・文学部長、豊島岡女子学園中学高等学校校長・理事長を歴任。 1985年『中世武家儀礼の研究』(吉川弘文館)でサントリー学芸賞(思想・歴史部門)を受賞。NHK大河ドラマの風俗・時代考証は「花の乱」から「軍師 官兵衛」まで14作品を担当。主な著書に『関ヶ原合戦』(中公新書)、『徳川家康』(ちくま新書)など多数。

シェアする
リンクをコピーしました
ウェッジブックス 歴史 征夷大将軍になり損ねた男たち

編集部おすすめ

書籍を探す
閉じる

全国の書店、またはネット書店よりご購入ください。

Amazon
紀伊国屋書店
7net
楽天
honto
Booklive