執権義時に消された13人(仮)

闘争と粛清で読む「承久の乱」前史

榎本 秋
Coming soon
執権義時に消された13人(仮)
執権義時に消された13人(仮)
闘争と粛清で読む「承久の乱」前史
榎本 秋

2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」が面白くなる異色の歴史教養

定価:1,430円(税込み)
新書判並製 約240ページ
発売日:2021年11月18日
ISBN:978-4-86310-244-6
リンクをコピーしました

★2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」関連本
 執権義時はいかにして、ライバルを蹴落とし
 朝廷との戦いに勝利したのか?
 義時が消した13人に焦点をあてる
 異色の歴史教養本がここに登場!
    
―――――――――――――――――――――――――――

「鎌倉殿」とは鎌倉幕府将軍のことであり、
頼朝の周囲を13人の側近(御家人)が支えていた。
頼朝の死後、彼らは激しい内部抗争を繰り広げるが、
その中で最後まで生き残り、
将軍にかわる「執権」として権力を手中に収めたのが、
13人中もっとも若かった北条義時である。
戦前は、ライバルをはじめ、
実父、源氏将軍、上皇・天皇を排した所業から
「暴君」とされたこともあったが
見方を変えれば、数々の闘争に勝ち続け、
最高権力者として君臨できた
日本史上でも稀な人物でもある。
鎌倉初期から承久の乱までを駆けぬいた
2代執権・義時が勝ち続けた理由はなにか?
なぜライバルは義時に歯が立たなかったのか?
敗者として歴史の闇に消された
13人の歴史人物に焦点をあて、
執権義時の黒すぎる生涯を見ていく。


―――――――――――――――――――――――――――

著者プロフィール
榎本 秋 (えのもとあき)

1977年東京生まれ。文芸評論家。歴史解説書や新書、評論や解説などを数多く手がける。代表作は『世界を見た幕臣たち』(洋泉社)、『殿様の左遷・栄転物語』(朝日新書)、『歴代征夷大将軍総覧』『外様大名40家』『戦国軍師入門』『戦国坊主列伝』(幻冬舎新書)、『将軍の日本史』 (MdN新書)など。福原俊彦名義で時代小説も執筆している。

シェアする
リンクをコピーしました
ウェッジブックス 歴史 執権義時に消された13人(仮)

編集部おすすめ

書籍を探す
閉じる

全国の書店、またはネット書店よりご購入ください。

Amazon
紀伊国屋書店
楽天
honto