BBC News

2017年7月11日

»著者プロフィール

中国政府を批判し有罪となり、服役中にノーベル平和賞を受賞した作家の劉暁波氏が肝臓がんで重体となっているなか、治療を受けている中国東北部・瀋陽の病院を西側の医師が訪れて劉氏を診察した様子のビデオが流出し、ドイツ当局が中国政府を厳しく批判している。劉氏を診察した医師の一人はドイツ人で、ドイツ政府は訪問を撮影しないように要請していた。ドイツは、要請にもかかわらずビデオが中国メディアに流出したのは、劉氏の治療方針を決めているのは医師ではなく公安当局だという証拠だと批判している。

中国の民主主義体制移行を訴えたことを理由に2009年に国家政権転覆扇動罪で懲役 11年の判決を受けた劉氏は、末期の肝臓がんを患い、先月から仮釈放され、瀋陽の病院で治療を受けている。

国際社会の圧力を受けて、中国政府はドイツのマルカス・ビュヒラー医師(ハイデルベルク大外科)と米国のジョセフ・ヘルマン医師(テキサス大がんセンター)による診察を認めた。

中国は、容体悪化のため劉氏の国外移動は不可能だと主張していたが、8日に劉氏を診察した米独の両医師は9日、緩和治療のための出国は可能だが「できるだけ早く」行う必要があると共同声明を発表。「患者の移動には常に一定のリスクがつきものだが、適切な医療搬送によって劉氏を安全に移動させることは可能だと考える」と表明した。

一方で9日には、劉氏を診察する両医師の映像がオンラインに浮上した。劉氏の妻、劉霞さんや複数の中国人医師や看護師の姿も映っている。

北京のドイツ大使館は10日、「特定の当局者」が診察の様子を録音・撮影し、「特定の中国国営メディア」に提供したと非難する声明を出した。そのような映像の流出は、医師の守秘義務違反に相当すると独大使館は批判している。

ドイツ側はビュヒラー医師の訪問前にあらかじめ文書で、撮影はしないよう求めていたと説明。それにもかかわらず中国側が診察の様子を撮影し、外部に漏らしたことから、「物事の流れを決めているのは、医療従事者ではなく、公安機関のようだ」とドイツは批判している。

「劉氏の治療を最大限成功させるには、当局への信頼が不可欠だが、このような振る舞いは、劉氏を扱う当局への信頼を損ねるものだ」

(英語記事 Liu Xiaobo: German anger at video taken of China visit

提供元:http://www.bbc.com/japanese/40565620

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る