BBC News

2017年10月3日

»著者プロフィール

少なくとも58人が死亡し、527人が負傷した米ラスベガス乱射事件のスティーブン・パドック容疑者(64)は、裕福な元会計士で、砂漠の中の年金生活者用新興住宅地で、静かで豊かな余生を送っているかのように思われていた。

調べによると、ラスベガス北東約130キロにあるネバダ州メスキートの一軒家に住んでいた容疑者は、飛行機の操縦士免許を持ち、犯罪歴はなかった。

しかし、かつて隣人だったという人は、容疑者がプロの「ギャンブラー」を自認し、「変わり者だった」と話す。

捜査関係者はロイター通信に対して、パドック容疑者には心の健康上の問題があった可能性があると話している。

今回の乱射事件による被害者数は、現代米国史で最多。これまでは昨年6月にフロリダ州オーランドのナイトクラブで49人が殺害された事件が、最多だった。

調べによると、パドック容疑者は1日午後10時すぎ、マンダレイ・ベイ・ホテルの32階の窓から乱射を開始。警察が突入する際に自殺したとみられている。

ラスベガス警察のジョセフ・ロンバルド保安官は2日午後の記者会見で、容疑者が9月28日から滞在していた32階の部屋には、少なくとも16丁の銃器があったと話した。加えて、メスキートの自宅を家宅捜索したところ、銃器18丁以上と銃弾数千発、「いくつかの電子機器」を発見し、敷地内と車には爆発物「タナライト」があったという。

容疑者宅は、主に退職した人たちが暮らす静かな住宅地にある。

米報道によると、容疑者は小型飛行機の操縦免許をもち、小型機を2機、所有していた。

銃砲小売りチェーン「ニュー・フロンティア・アーマリー」のデイビッド・ファミリエッティ氏はBBCに対して、容疑者が北ラスベガスの店舗で今年春に銃器を購入したと話した。連邦捜査局(FBI)による経歴調査を含め、州法や連邦法の規定はすべて満たしていたという。

ただし、容疑者が店頭で購入した散弾銃とライフル銃だけでは、「ビデオで見聞きした(攻撃は)不可能で、改造が必要だ」とファミリエッティ氏は話した。

過激派勢力のいわゆる「イスラム国」(IS)は、容疑者がイスラム教に改宗したばかりだとして裏付けを示さないまま犯行声明を出した。しかしFBIの捜査員は、現時点では海外テロ組織との関連は見当たらないと判断していると記者会見で話した。

容疑者の弟、エリック・パドック氏はフロリダ州オーランドの自宅前で記者団に対し、自分たちの父親はかつてFBIの最重要指名手配人の1人だった銀行強盗で、連邦刑務所を脱獄したこともあると話した。

FBIが1969年に作成した指名手配ポスターは、連邦刑務所を脱獄したパトリック・ベンジャミン・パドック服役囚が「反社会的精神病質と診断された」と書いてある。

容疑者の弟、エリック・パドック氏は報道陣に、兄が乱射の実行犯とされていることについて家族全員、衝撃を受けていると話した。

「まったく理屈に合わない。こんなことをする理由がまるでない」とエリック氏は当惑をあらわにし、「ただポーカー・ゲームをして、船旅に出かけて、タコ・ベルでブリートを食べてるだけの人だ」と兄について語った。

エリック氏によると容疑者は、「熱心なガンマニアでもなんでもない」ほか、軍隊経験もなかった。可能性としては、「いきなりプツッと切れてしまった」くらいしか考えられないという。

米NBCニュースは、容疑者がここ数日の間にラスベガスのカジノで「数万ドル」をギャンブルに使っていたようだと伝えた。ただし、容疑者がギャンブルで勝ったのか負けたのか、事件と関係するのかは不明だ。

容疑者のもうひとりの兄弟でカリフォルニア州在住のブルース・パドック氏は、NBCニュースに対して、容疑者はマンション経営で資産を築いたと明らかにした。

米防衛・航空大手ロッキード・マーチンによると、パドック容疑者は30年前、同社の前身企業のひとつに内部監査人として勤めていたことがあるという。

ラスベガス警察は、容疑者に犯罪歴はなく、警察との接触はありきたりな交通違反だけだと説明した。

パドック容疑者は2012年には、ラスベガスのコスモポリタン・ホテルに対し、床の「障害物」のせいで転倒したと損害賠償の訴えを起こしたが、2014年に双方が訴えを取り下げた。

容疑者は昨年6月、ネバダ州リノからメスキートの一軒家に引っ越し、交際相手のマリルー・ダンリーさん(62)と暮らしていた。

警察は事件発生当初、ダンリーさんを重要参考人として探したものの、日本にいることが確認され、事情聴取の末に「もはや重要参考人ではない」と発表した。

容疑者はダンリーさんの身分証を「一部利用して」ホテルにチェックインしたが、ダンリーさんは同行していなかったという。

かつてパドック容疑者の隣人だったというダイアン・マッケイさん(79)は、米紙ワシントン・ポストに対して、容疑者とダンリーさんは常に家のブラインドを閉じていたと話した。

「変わり者だった。人づきあいが悪くて。まるで、隣には誰もいないみたいだった」とマッケイさんは言い、「せめて機嫌が悪いとか、何かあるでしょう。それが彼の場合、何もなかった。ただひたすら静かで」と振り返った。

(英語記事 Stephen Paddock: Vegas suspect a gambler and ex-accountant

提供元:http://www.bbc.com/japanese/41479602

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る