BBC News

2017年12月12日

»著者プロフィール

ドナルド・トランプ米大統領による性的加害行動の被害に遭ったと訴える女性3人が11日、ニューヨークで記者会見を開いた。トランプ氏に無理やり触られ、なでられ、キスされ、侮辱された、嫌がらせをされたと糾弾する女性たちは、連邦議会に調査を求めた。ホワイトハウスは、女性たちが「嘘の主張」をしていると反論している。

記者会見は、複数の女性がトランプ氏の性的加害行動を訴えるドキュメンタリー「16 Women and Donald Trump(16人の女性とドナルド・トランプ)」というドキュメンタリーを11月に公開したドキュメンタリー映画製作会社「Brave New Films」が開いた。

記者会見に臨んだジェシカ・リーズ氏、サマンサ・ホルビー氏、レイチェル・クルック氏の3人は、昨年の大統領選の1カ月前にそれぞれ別個に名乗りを上げて、当時のトランプ候補を公に非難していた。米国では今年秋から映画界を皮切りに、各界の有力男性に対して多数の性的嫌がらせや加害行動の糾弾が繰り返されている状況で、あらためてトランプ氏に対する指摘が注目されている。

「ミス・アメリカ」美人コンテストの出場者だったホルビー氏はNBCニュースで、2006年に当時20歳だった自分は、コンテストの運営権を所有していたトランプ氏にじろじろ眺められたと述べた。トランプ氏は舞台裏で、「出場者全員を一列に並ばせ」、自分たち出場者を「まるで肉のかたまりみたいに」検分していたという。

「とても気分が悪かった」とホルビー氏は、番組のメギン・ケリー司会者に話した。

ホルビー氏は後に記者会見で、「他の議員(のセクハラ疑惑)は調べたのだから、(トランプ氏も)調べるのは単純に公平だと思う」と話した。「これはどの党を支持するかの問題ではなくて、女性が毎日のようにどういう扱いを受けているかの問題です」。

現在70代のリーズ氏は自分が38歳だった当時、ニューヨーク行きの飛行機のファーストクラスでトランプ氏の隣に座った時、トランプ氏に性的に暴行されたと糾弾した。

「いきなり飛びかかってきた」という。

30年以上前のことを公言することにしたのは、「トランプが本当はどういう人間で、どれほどの変質者なのか、大勢に知ってもらいたかった」からだと説明した。

クルックス氏は、自分が22歳でトランプ・タワー内の不動産会社の受付だった時、エレベーター前でトランプ氏につかまれ、いきなりキスされたと訴えた。

「ショックでした。打ちのめされて、ボロボロでした」とクルックス氏は話した。

これに対してホワイトハウスは11日、「どれも嘘の主張だ。ほとんどの場合、目撃者の話によって完全に反論されており、昨年の大統領選で時間をかけて取り上げたものだ」、「米国民はその上で、決定的な勝利をもたらすことによって審判を下した」と反論した。

「嘘の主張が出てきたタイミングとその内容のばかばかしさが、雄弁に物語っている。始まったばかりのPRツアーも、主張の裏の政治的動機をさらに裏付けるだけだ」

トランプ氏は昨年、複数の女性による訴えを否定し、逆に女性たちを訴えると約束した。しかし、実際にはトランプ氏側は女性たちを提訴していない。

こうしたなか、トランプ政権のニッキー・ヘイリー国連大使は10日、大統領を糾弾する女性たちの言うことに耳を傾けるべきだと発言した。

CBSニュースに対してヘイリー大使は、「発言した女性たちをとてつもなく誇らしく思う」と話した。

一方で、民主党の上院議員3人(ニュージャージー州選出のコーリー・ブッカー議員、オレゴン州選出のジェフ・マークリー議員、ニューヨーク州選出のカーステン・ジリブランド議員)は、大統領は辞任すべきだと主張した。

トランプ氏については昨年10月、NBCテレビの番組舞台裏で2005年に、女性について「こっちがスターだと、向こうはやらせてくれる。何でもできる。pussy(女性器の俗語)をわしづかみする。なんでもできる」と発言していた映像が報道された。トランプ氏は直後に謝罪するビデオを公表したが、今年になって、あれは自分の声ではないと周囲に話していると、米国の一部メディアが報道している。

これについて、問題映像でトランプ氏と笑いながらやりとりをしていたビリー・ブッシュ氏(映像公表後にNBCから解雇)は今月3日、米紙ニューヨーク・タイムズに「ドナルド・トランプは『pussyをわしづかみにする』と確かに言った」と寄稿。問題映像の内容は本物で、トランプ氏の一連の問題行動を糾弾している女性たちを称えた。

(英語記事 Trump sex harassment accusers demand congressional inquiry

提供元:http://www.bbc.com/japanese/42319025

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る