ビジネスパーソンのための「無理なく実践!食育講座」

2018年1月5日

»著者プロフィール
著者
閉じる

佐藤達夫 (さとう・たつお)

食生活ジャーナリスト

1947年5月30日、千葉県千葉市生まれ。1971年北海道大学水産学部卒業。1980年から女子栄養大学出版部へ勤務。月刊『栄養と料理』の編集に携わり、1995年より同誌編集長を務める。1999年に独立し、食生活ジャーナリストとして、さまざまなメディアを通じて、あるいは各地の講演で「健康のためにはどのような食生活を送ればいいか」という情報を発信している。日本ペンクラブ会員、女子栄養大学非常勤講師(食文化情報論)、食生活ジャーナリストの会事務局長。主な著書共著書に『食べモノの道理』(じゃこめてい出版)、『栄養と健康のウソホント』(一般社団法人家の光協会)、『これが糖血病だ!』(女子栄養大学出版部)、『安全な食品の選び方・食べ方事典』(成美堂出版)、『野菜の学校』(岩波書店)、『新しい食品表示の見方がよくわかる本』(中経出版)ほか多数。講演活動では、「あなたはなぜやせられないか?」「生活習慣病は自分で治す」など肥満や糖尿病のメカニズムや、「健康長寿のための食事と生活」という食生活と健康にまつわる最新情報を、医師の視線ではなく、一般の人にわかりやすいことばで提供する。あるいは、健康を保つ上で欠かせない技術としての「安全な食品の選び方」や「食品表示の見方」あるいは「健康にいい野菜の栄養情報」を、やさしく解説する。また、長年、女性雑誌を編集してきた立場から、「男性の家事が社会を変える」「中高年からの二人暮らし」などのテーマで、男性の家庭内自立を説く。

今年こそ「フェイクダイエット」には引っかからないように

さて、三が日も過ぎ、ビジネスパーソンは(少なくとも)業務に関しては、いつまでも「お正月気分」に浸っているわけにはいかないので、普段の日常生活(ビジネスパーソン生活)に戻っているはず。
問題は、食習慣などの私生活が、なかなか元には戻らないことだ。

おそらく飲み過ぎ・食べ過ぎに運動不足が重なって体重も増えていることだろう。
また、なんとなく「たくさん食べる」習慣や「節度を外して飲む」習慣が抜けきらず、ダラダラと続いている人も多いのではないだろうか。
今回はお正月の間に増えてしまった体重を元に戻す方法をお伝えする。

(iStock/mitchii)

これまで何度か書いてきたが、“肥満・やせ”は「身体に入ってくるカロリー(摂取エネルギー)と身体から出ていくカロリー(消費エネルギー)の差」で決まる。
もちろん、この収支がプラスであれば体重は増えるし、マイナスであれば体重は減る。
この基本=大原則をもう一度“年の初めに”確認しよう。

つまり、もし体重が増えたのであれば「食べ過ぎか、飲み過ぎか、運動不足」のいずれか「あるいはその全部」であることを自覚すること。
これ以外のことが原因で体重が増えたのであれば、代謝異常とかホルモン異常など「他の重大な疾病が潜んでいる」可能性があるのですぐに受診するほうがいい。
逆に、飲み食いが減ってない(減らしたつもりがない)のにやせてきたら、ガンなどさらに心配な疾病が隠れている可能性もある。
やはりすぐに受診すべきだ。

このことをしつこく言うのは、この「大原則」をきちんと理解しないと、肥満の(やせの)原因を「正しくないところ」に求めてしまうからだ。
そうすると(正しくないことを原因だと勘違いすると)正しい修正方法にたどり着かないために、肥満が(やせも)絶対に解消しない。
よくあるのが「遺伝で太る」などという理論。
肥満と遺伝は関係があるが、「飲みすぎもせず、食べ過ぎもせず、運動不足でもないのに肥満する」というDNAは見つかっていない(もしあるとすれば、それは生活習慣とは異なる疾病なので、受診して治療するしかない)。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る