ビジネスパーソンのための「無理なく実践!食育講座」

2016年11月7日

»著者プロフィール
著者
閉じる

佐藤達夫 (さとう・たつお)

食生活ジャーナリスト

1947年5月30日、千葉県千葉市生まれ。1971年北海道大学水産学部卒業。1980年から女子栄養大学出版部へ勤務。月刊『栄養と料理』の編集に携わり、1995年より同誌編集長を務める。1999年に独立し、食生活ジャーナリストとして、さまざまなメディアを通じて、あるいは各地の講演で「健康のためにはどのような食生活を送ればいいか」という情報を発信している。日本ペンクラブ会員、女子栄養大学非常勤講師(食文化情報論)、食生活ジャーナリストの会事務局長。主な著書共著書に『食べモノの道理』(じゃこめてい出版)、『栄養と健康のウソホント』(一般社団法人家の光協会)、『これが糖血病だ!』(女子栄養大学出版部)、『安全な食品の選び方・食べ方事典』(成美堂出版)、『野菜の学校』(岩波書店)、『新しい食品表示の見方がよくわかる本』(中経出版)ほか多数。講演活動では、「あなたはなぜやせられないか?」「生活習慣病は自分で治す」など肥満や糖尿病のメカニズムや、「健康長寿のための食事と生活」という食生活と健康にまつわる最新情報を、医師の視線ではなく、一般の人にわかりやすいことばで提供する。あるいは、健康を保つ上で欠かせない技術としての「安全な食品の選び方」や「食品表示の見方」あるいは「健康にいい野菜の栄養情報」を、やさしく解説する。また、長年、女性雑誌を編集してきた立場から、「男性の家事が社会を変える」「中高年からの二人暮らし」などのテーマで、男性の家庭内自立を説く。

 いま、現代人の食事は「一日三食」が基本となっているので、一般的に私たちは1週間に21回の食事をしていることになる。ビジネスパーソンは、そのうち何回くらいが外食だろうか? 科学的データではなく私の想像だが、平均で15回くらいか? ちなみに、国民健康・栄養調査では、20代30代40代男性の「外食利用率」は「ほとんど毎日」が3~4割のようだ。同じく女性では1割くらい、となっている。【※1】しかしビジネスパーソンに限定するともっと多いのではなかろうか。

外食という魅力的な「トモダチ」と上手につきあおう

 私ごとで恐縮だが、私(いわゆる団塊の世代)は子供のころに外食をしたという記憶がほとんどない。働き手であった父親でさえも、ほぼ毎日、三食とも母親が手作りした食事を自宅でとっていた。

iStock

 一方で、親元を離れて下宿をしていた学生時代にはほぼ90%以上が外食であった(正確にいうと即席ラーメンを買ってきて部屋で食べる場合をも含めての計算)。結婚をしてからもサラリーマン時代の初めの約10年間は週に18~19回は外食をしていたと思う(平日は「昼・夕・夜食」の三食とも外食という「規則正しい(?)食事」をしていた)。それはそれはひどい食生活を送っていた。

 ビジネスパーソンの皆さんの中にも、こんなにひどくはないかもしれないが、それに近い食生活を送っている人もあるだろう。現代人とりわけビジネスパーソンの場合は「外食なし」では生活そのものが成立しないといっても過言ではない。なので「健康のためにできるだけ外食をせず、バランスのいい手作り料理を食べましょう」というアドバイスは、栄養学的には正しいのだが、実生活ではあまり役にたたない。ビジネスパーソンは外食と上手につきあうしかないのだ。

 「外食に偏る食生活」というと、量的にも質的にもバランスが悪くて理想にはほど遠いと考えている人も少なくないのだが、だからといって外食が(理想的食事と近くはなくても)絶望的に不健康というわけでもない。約半世紀前の日本人の多くが母親の手作り料理を食べていた時代よりも、比較にならないほど多くの外食を利用している現代のほうが、日本人の健康と寿命が明らかに劣ってきているという事実はない。むしろ現代のほうがはるかに長生きであるし健康でもある。

 この両者の差は「外食」と「手作り食」の違いだけではなく、医療の進歩等々のおかげも、もちろんあるのだが、それを考慮しても「外食をしていては健康になれない」という結論には至らないといえる。要は「利用の仕方しだい」なのだ。

【※1】
http://www.mhlw.go.jp/houdou/0111/h1108-3b.html

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る