ビジネスパーソンのための「無理なく実践!食育講座」

2016年8月4日

»著者プロフィール
著者
閉じる

佐藤達夫 (さとう・たつお)

食生活ジャーナリスト

1947年5月30日、千葉県千葉市生まれ。1971年北海道大学水産学部卒業。1980年から女子栄養大学出版部へ勤務。月刊『栄養と料理』の編集に携わり、1995年より同誌編集長を務める。1999年に独立し、食生活ジャーナリストとして、さまざまなメディアを通じて、あるいは各地の講演で「健康のためにはどのような食生活を送ればいいか」という情報を発信している。日本ペンクラブ会員、女子栄養大学非常勤講師(食文化情報論)、食生活ジャーナリストの会事務局長。主な著書共著書に『食べモノの道理』(じゃこめてい出版)、『栄養と健康のウソホント』(一般社団法人家の光協会)、『これが糖血病だ!』(女子栄養大学出版部)、『安全な食品の選び方・食べ方事典』(成美堂出版)、『野菜の学校』(岩波書店)、『新しい食品表示の見方がよくわかる本』(中経出版)ほか多数。講演活動では、「あなたはなぜやせられないか?」「生活習慣病は自分で治す」など肥満や糖尿病のメカニズムや、「健康長寿のための食事と生活」という食生活と健康にまつわる最新情報を、医師の視線ではなく、一般の人にわかりやすいことばで提供する。あるいは、健康を保つ上で欠かせない技術としての「安全な食品の選び方」や「食品表示の見方」あるいは「健康にいい野菜の栄養情報」を、やさしく解説する。また、長年、女性雑誌を編集してきた立場から、「男性の家事が社会を変える」「中高年からの二人暮らし」などのテーマで、男性の家庭内自立を説く。

自分の摂取カロリーがどのくらいか、を知るのは
意外にむずかしい

 第1回のこのコラムで書いたように、健康で長生きするための食事法はきわめてシンプルである。「バランスよく・適量」を食べればいいのだ。そして、自分の食をバランスよくするもっとも手っ取り早い方法は「多種類の食材を食べること」だとも書いた。

 今回は「適量」を知る方法を紹介する。体重コントロールをしたいとは思っていても、今、自分が食べている「量」が適正なのかどうかがなかなかわからない。そして、仮に「多い」のだとしたら、では、どのくらい減らせばいいのかを知りたくなるだろう。

 栄養バランスの偏りのほうは、「最近、肉ばっかり食べている」「野菜が足りないかもしれない」「ラーメン屋に通い続けている」「揚げ物に飽きてきた」という感覚から、何となく自覚できる。しかし、自分の食事の摂取カロリーが「適量かどうか」を知ることはけっこうむずかしい。

iStock

 前回紹介した『食事摂取基準2015』(※1)を熟読すればわかるのだが、「適量」をカロリー数で示してあるので、素人の手には負えない。近年では、加工食品にカロリー数が表示してあることが多いし、メニューにカロリー数を書いてあるレストランも増えてきた。しかし、だからといって、それを覚えておいて(あるいは書き留めておいて)一日分を足す、などという芸当(?)は、ビジネスパーソンにできるわけがない(し、やるつもりもないでしょ?)。

【※1】
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10904750-Kenkoukyoku-Gantaisakukenkouzoushinka/0000041955.pdf

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る