ビジネスパーソンのための「無理なく実践!食育講座」

2016年10月7日

»著者プロフィール
著者
閉じる

佐藤達夫 (さとう・たつお)

食生活ジャーナリスト

1947年5月30日、千葉県千葉市生まれ。1971年北海道大学水産学部卒業。1980年から女子栄養大学出版部へ勤務。月刊『栄養と料理』の編集に携わり、1995年より同誌編集長を務める。1999年に独立し、食生活ジャーナリストとして、さまざまなメディアを通じて、あるいは各地の講演で「健康のためにはどのような食生活を送ればいいか」という情報を発信している。日本ペンクラブ会員、女子栄養大学非常勤講師(食文化情報論)、食生活ジャーナリストの会事務局長。主な著書共著書に『食べモノの道理』(じゃこめてい出版)、『栄養と健康のウソホント』(一般社団法人家の光協会)、『これが糖血病だ!』(女子栄養大学出版部)、『安全な食品の選び方・食べ方事典』(成美堂出版)、『野菜の学校』(岩波書店)、『新しい食品表示の見方がよくわかる本』(中経出版)ほか多数。講演活動では、「あなたはなぜやせられないか?」「生活習慣病は自分で治す」など肥満や糖尿病のメカニズムや、「健康長寿のための食事と生活」という食生活と健康にまつわる最新情報を、医師の視線ではなく、一般の人にわかりやすいことばで提供する。あるいは、健康を保つ上で欠かせない技術としての「安全な食品の選び方」や「食品表示の見方」あるいは「健康にいい野菜の栄養情報」を、やさしく解説する。また、長年、女性雑誌を編集してきた立場から、「男性の家事が社会を変える」「中高年からの二人暮らし」などのテーマで、男性の家庭内自立を説く。

 前回までに書いてきたように、ダイエットの基本は「エネルギーの出納」いいかえれば「カロリーの出入り」だ。「入り」つまり飲食のほうは(ごく簡単にではあったが)前回前々回でご紹介した。今回は「出=消費カロリー=運動」について書いてみたい。

「高収入・ぜいたく」と「低収入・節約」のどちらがいい?

 「カロリーの出し入れ」なので、家庭の家計簿(ビジネスパーソンであれば会社の経理)を想像してもらえばいい。収入と支出がトントンであれば貯金は増えもしないし減りもしない。この「増減ナシ」に2つのケースが考えられる。「収入がたくさんあるけど支出もたくさんある」場合と「収入は少ないが支出も少ない」場合の2つだ。いずれの場合でも収支が等しくありさえすれば貯金の増減はない。みなさんはどちらがいいだろうか?

 一般的には前者が好ましい。収入増が芳しくないからといって支出の削減ばかりを口やかましくいう経営者の元では、その会社の将来は危うい。支出は少しくらい増えてもそのぶん収入も増やすべく積極的に活動しよう、という経営方針の会社のほうが伸びる可能性が高いし働きがいもあるだろう。個人的にもたくさん収入を得て、できれば贅沢したい・・・・。

 話をダイエットに戻すと、体重を減らしたいのであれば「収支」をマイナスにすればいいだけの話なので、たとえ、たくさん飲み食いしてもそれ以上に運動をすればいい。ただし、きわめて肝心なことが1つ。「量」の問題と「栄養バランス」の問題は別なので、たくさん食べるときに同じ物ばかりを食べて栄養バランスを崩してはならない。

iStock

 そう、たくさん食べることが習慣になっていたとしても、たくさん運動する習慣も身についていれば、太りはしないのだ。「たくさん食べる習慣」がすぐに身につくことは、よくご存じのはず。しかし、悲しいことに「たくさん運動をする」という習慣はなかなか身につかない。いっとき運動習慣が身についても、「仕事が忙しいから」「天気が悪いから」「体調が思わしくないから」「合コンだから」「カラスが鳴いたから」等々、運動を中断する理由にはコト欠かない。

 かくして、「カロリー収支」をコントロールするために、理論的に導き出した「たくさん食べてたくさん運動する」という生活習慣は、いとも簡単に「たくさん食べて、ほとんど運動しない」というきわめて太りやすい生活習慣に取って代わることになる。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る