BBC News

2018年2月13日

»著者プロフィール

平昌冬季五輪で、スピードスケート・ショートトラック男子日本代表の斎藤慧選手(21)にドーピング陽性反応が出たことが、13日明らかになった。

スポーツ仲裁裁判所(CAS)によると、斎藤選手は五輪前のドーピング検査で、禁止薬物の検出を避けるマスキング剤とされる利尿薬アセタゾラミドに反応したという。

斎藤選手はまだ五輪の競技に出場していないが、13日に行われる5000メートルリレーに出場する予定だった。

CASは発表文で、斎藤選手が自主的に選手村を出たと明らかにした。詳しい調査が終了するまでの暫定的な措置として、五輪などの競技で資格停止処分を受けるという。

(英語記事 Winter Olympics: Japan's Kei Saito given first doping ban in Pyeongchang)

提供元:http://www.bbc.com/japanese/43040881

関連記事

新着記事

»もっと見る