BBC News

2018年6月4日

»著者プロフィール

2017年6月3日にロンドン中心部バラ・マーケットで起きた襲撃事件で、フローリン・モラリウさんは働いていたパン屋の店内に人々をかくまい、犯人に立ち向かった。

モラリウさんの行いはテリーザ・メイ英首相からたたえられ、出身のルーマニアでも称賛の声が上がった。

しかし、モラリウさんは事件後に心的外傷後ストレス障害(PTSD)を患い、当局から見捨てられたと感じていると話した。

提供元:https://www.bbc.com/japanese/video-44351868

関連記事

新着記事

»もっと見る