BBC News

2018年8月27日

»著者プロフィール

アイルランドを訪問したローマ法王フランシスコ1世は26日、カトリック教会の複数の聖職者が児童に性的虐待を重ねていた問題について、教会組織が「沈黙」していたことを謝罪した。法王は一方で、教会幹部による虐待を知りながら沈黙していたという批判について、回答しなかった。

ローマ法王庁の元駐米大使、カルロ・マリア・ビガーノ大司教は、法王が米カトリック教会のセオドア・マキャリック枢機卿による相次ぐ性的虐待を知りながら、5年間も枢機卿をかばい、沈黙していたと非難する公開書簡を教会の新聞に掲載した。法王は先月、マキャリック枢機卿の辞任を認めた。

11ページにわたる書簡で、ビガーノ大司教は自分が2013年6月の時点で、マキャリック枢機卿が大勢の修道士や司祭を性的に虐待したと糾弾されているとフランシスコ法王に報告したものの、法王は対応しなかったと主張。法王の辞任を求めた。

法王庁はこれに回答せず、ビガーノ大司教は法王とのやりとりについて裏づけとなる証拠を示していない。

法王の歴史的なアイルランド訪問とタイミングを合わせた公開書簡の発表なだけに、これはフランシスコ法王による様々な教会改革に反対する伝統派による攻撃作戦なのではないかという意見も出ている。

アイルランドからローマへ戻る機内で、同行記者団に書簡について質問されたフランシスコ法王は、「文書を慎重に読んで、各自で判断してください。この件について、私は一言も語らない。文書そのものがしかるべく語っていると思う」と答えた。

「皆さんは記者として十分有能なので、結論を導き出せると思う。少し時間がたって皆さんもすでに結論を出したころになれば、私も何か言うかもしれない」

聖職者による長年にわたる児童性的虐待と、法王庁以下の教会組織が適切に対応しなかった問題は、アイルランドのほか、米国やオーストラリアなど世界各地で報告されている。

<関連記事>

許しを求める法王

国民の約8割がカトリック信者のアイルランドを、ローマ法王が訪問するのは39年ぶりだった。

2日間にわたる訪問の締めくくりに、フランシスコ法王はダブリンの公園でミサを司式。その中で、教会幹部が「アイルランドで加害行動を重ね、権力を乱用し、良心を悪用し、性的虐待を加えた」ことを謝罪した。

ミサに先立ち法王は、「虐待に苦しみ、純潔を奪われ、辛い記憶の傷が残った」人たちの話に心動かされない人はいないと述べ、司法が加害者を罰するよう期待すると繰り返した。

法王庁の推定では約30万人が、ダブリンのフィーニックス公園で開かれたミサに集まった。もっと少なかったのではないかという推計もある。3年ごとに開かれる世界的なカトリック教徒の集まりの、最終行事だった。

法王はミサ中の告解の儀式を使い、カトリック教会関係者がアイルランド国民にもたらした苦しみや問題行動を次々と読み上げた。その中には、性犯罪の隠蔽(いんぺい)も含まれた。加害行動を読み上げるごとに、法王は許しを求め、参列者は拍手でこれに応えた。

さらに法王はミサで、「取り上げられた子供を探し求めた独身の母親たちに許しを求める。(婚外子の出産は)不道徳な罪ではない」と述べた。

聖職者の「おぞましい犯罪」

アイルランドのカトリック教会は近年、小児性愛者の司祭の存在や、教会運営の孤児院における性的虐待の横行、母子保護施設における女性の搾取など、様々な問題が明るみに出て、激しい批判にさらされてきた。

フランシスコ法王は訪問初日の25日、首都ダブリンでアイルランド政府幹部や来賓を前に、「ここアイルランドで、子供を保護し教育する責任を負った教会関係者が、子供たちを虐待していたという重大なスキャンダルに言及しないわけにはいかない」と述べ、「司教や神父といった教会の権力者が、一連のおぞましい犯罪に適正に対処しなかったため、当然のように大きな怒りを買った。これは今でも、カトリック信者に苦痛と恥辱をもたらしている」と認めた。

法王はこの後、性的虐待の被害者8人と面会した。聖職者による性的虐待は「汚物」だと伝えたという。

アイルランドのリオ・バラッカー首相は法王に対して、児童性的虐待に加担し沈黙する聖職者を処罰するよう、強く求めた。同性愛者だと公表している首相はさらに、アイルランドは前回の法王訪問以来、法律を刷新したと強調。「結婚は必ずしもうまくいかないし、女性は自分について自分で決定すべきだし、家族には色々な形があるのだ」と述べ、親が1人の家庭もあれば、両親が同性の家庭もあり、離婚する親もいれば再婚する親もいるのだと、多様性の尊重を強く求めた。

法王は訪問2日目には、1879年に聖母マリアが出現したとされる西部ノックを訪れ、集まった人たちに、カトリック教会がもたらした「虐待の傷口」は開いたままで、そのため教会は真実と正義を断固として追求しなくてはならないのだと述べた。

一方で、西岸ゴールウェィ州トゥアムでは、かつて800人近い乳児が死亡し埋葬されたとされる孤児院の追悼集会に約1000人が集まった。アイルランドでは20世紀の間にトゥアムをはじめ10カ所の施設に、妊娠した未婚女性約3万5000人が送られたとみられている。

ダブリンでは、聖職者による性的虐待の被害者と連帯を示すため、「Stand4Truth(真実のために立つ)」集会が開かれ、大勢が参加した。

(英語記事 Papal visit: Pope ends historic visit to Ireland

提供元:https://www.bbc.com/japanese/45318196

関連記事

新着記事

»もっと見る