BBC News

2018年10月11日

»著者プロフィール

大型ハリケーン「マイケル」が現地時間10日午後(日本時間11日未明)、米南部フロリダ州北西部に上陸した。同地域を直撃したハリケーンとしては史上最大の規模で、湾岸部の都市は冠水し、家屋の浸水被害や倒木が起きている。

ハリケーン・マイケルは一時、勢力が5段階中2番目に強い「カテゴリー4」まで発達。10日午後、米フロリダ州北西部のパンハンドルと呼ばれる地域に上陸した。

フロリダ州当局は、住民1人が倒木により死亡したと発表した。

予想を裏切る速さで発達したマイケルはハリケーンとして勢力を保ったまま陸上を移動しており、アラバマ州やジョージア州にも被害を及ぼす見込み。

メキシコ湾の例年になく暖かい水温が後押しし、熱帯低気圧は7日にハリケーンへと変わった。

9日までにハリケーンはカテゴリー2へと発達。10日朝には風速が毎時約249キロに達し、最も勢力の強いカテゴリー5となるぎりぎりまで成長した。

フロリダ州のリック・スコット知事は、マイケルが過去100年で最悪の嵐になるだろうと述べ、「想像を絶する破壊」を警告した。

複数情報によるとマイケルは、少なくともホンジュラスで6人、ニカラグアで4人、エルサルバドルで3人と合計13人の死者を出している。

フロリダの住民37万人以上に避難指示が出されたが、大勢が警告を無視したと当局はみている。

湾岸部の都市アパラチコーラでは、嵐により2.5メートル近くの高波がみられたという。

フロリダ州パナマシティビーチの自宅で、妻と共に嵐を乗り切ったティモシー・トーマスさんはAP通信に対し、「地獄のような目に遭っている」と話した。

このハリケーンによる倒木で送電網が破壊され、既に25万戸の家や企業が停電になっている。

マイアミに拠点を置く米国立ハリケーンセンター(NHC)の気象学者デニス・フェルトゲン氏はフェイスブックに、「これは新しい領域だ」と書いた。

「歴史的な記録を1851年までさかのぼっても、フロリダのパンハンドルをカテゴリー4のハリケーンが襲った例はない」

ロイター通信によると、マイケルは米国本土に上陸したハリケーンで史上3番目に強いという。過去には1969年にハリケーン「カミール」がミシシッピ州に、1935年に「レイバー・デイ・ハリケーン」がフロリダ州に上陸している。

米連邦緊急事態管理庁(FEMA)のブロック・ロング長官はホワイトハウスでドナルド・トランプ米大統領に対して、今回ほどの強風に耐えられそうにない2001年以前に建てられた建物について特に心配していると述べた。

これに対しトランプ大統領は、「持ちこたえられよう願うしかない。もし無理なら、中に人がいないよう期待する」と返答した。


フロリダ州、アラバマ州、ジョージア州、ノースカロライナ州の全域に、非常事態宣言が発令されている。

NHCによると、ハリケーン・マイケルは現地時間10日午後2時(日本時間11日未明)にフロリダ州メキシコビーチ付近に上陸した。

気象予報士らは、嵐によりフロリダ各地で最高4メートルの高波、最高30センチの鉄砲水が観測される可能性があると警告している。

同地域の学校と公的機関の閉鎖は今週いっぱい続く予定。

フロリダ州は州兵3500人に出動を命じた。

NHCはウェブサイト上の報告で、現地時間10日午後9時時点で最大風速が毎時約145キロまで減速したと述べた。

「マイケルは徐々に勢力を弱めながら11日夜にかけて米国南東部を横断する。11日朝までには熱帯性暴風雨に変わると予測している」「11日夜か12日にマイケルは米国の東岸を抜け、再度勢力を強める予想となっている。12日には温帯低気圧になる見込みだ」とNHCは発表した。

米国立気象局は、長さ480キロ以上の海岸線が危険にさらされていると述べた。

(英語記事 Hurricane Michael: Record-breaking 'hell' storm mauls US

提供元:https://www.bbc.com/japanese/45819262

関連記事

新着記事

»もっと見る