テレ東・プロデューサーが語る「テレビサバイバル」

2019年1月2日

»著者プロフィール
著者
閉じる

小林史憲 (こばやし・ふみのり)

テレビ東京・プロデューサー

1972年、東京都生まれ。98年、テレビ東京に入社。報道局で警視庁記者クラブ、「ガイアの夜明け」、「カンブリア宮殿」などの番組ディレクター、プロデューサー。北京支局特派員。現在はコンテンツ事業局・海外ビジネス部副部長。ドラマやアニメをプロデュースしながら、海外へのコンテンツ展開を進めている。著書に『テレビに映る中国の97%は嘘である』(講談社)、『騒乱、混乱、波乱、ありえない中国』(集英社)。

「テレビ東京」が特集された「広報会議」の12月号

「広報会議」でテレ東が特集されたワケ

 月刊「広報会議」という雑誌がある。企業や自治体、大学などの広報担当者向けに、広報PRのノウハウや危機管理対応、IRの基礎など実務に役立つ情報を掲載している雑誌だ。

 その「広報会議」12月号の表紙を見て驚いた。テレビ東京の公式キャラクターである「ナナナ」を中心に、大江麻理子キャスターと、須黒清華、相内優香、片渕茜という3人のアナウンサーが満面の笑顔を向けている派手な写真が載っていたからだ。普段、この雑誌の表紙はシンプルなイラストのデザインなので、特別号ということが伝わってくる。

 写真の下には大きな文字で「テレビ東京 大特集」という見出し。さらに「総力企画 人気経済番組 制作の舞台裏」と書かれ、『WBS』(ワールドビジネスサテライト)』『ガイアの夜明け』『カンブリア宮殿』『Newsモーニングサテライト』というテレ東の経済番組名が列挙されている。

 ページをめくると、これら経済番組のキャスターやプロデューサーのインタビューを中心に、どのように番組が作られているか、どのようにネタを探し、どのように企画を生み出しているかなどがまとめられている。

 4年連続で視聴率三冠王の日テレやそれを追うテレ朝ではなくテレ東。しかも人気バラエティではなく経済番組。渋すぎる。なんでまたこんな特集を?と思ったら、理由が編集後記に書いてあった。

 ・企画のきっかけは、2014年にある特集で読者調査したときに「取材されたいテレビ番組」の圧倒的ナンバーワンは『WBS』、という事実を改めて認識したことでした。じゃあ『WBS』について広報の視点で思い切り掘り下げた特集があれば、皆さんのお役に立てるのでは?

 どうやら、この雑誌の読者である広報担当者には『WBS』が人気らしい。

関連記事

新着記事

»もっと見る