BBC News

2019年2月12日

»著者プロフィール

アメリカの共和党と民主党は11日夜、国境管理をめぐる施策で合意したと発表した。これによって連邦政府予算が成立すれば、一部政府機関の再閉鎖は回避できる。

両党の協議は身分証のない移民の拘束や、ドナルド・トランプ大統領が求める南側国境の壁建設などをめぐってこう着していたが、両党は今回、ワシントンで非公開の会合を開き、合意に至った。

合意内容の詳細は明らかになっていない。

トランプ大統領はこの日、合意内容を承認するかどうか言明しなかったものの、「どうであれ壁を建設する」と強調していた。

テキサス州エルパソでの支持者集会でトランプ氏は、合意したばかりの内容をまだ精査できていないとした上で、「凶悪な犯罪者を一斉に釈放するような法案には絶対に署名しない」と語った。

この合意に基づく法案は、政府予算の尽きる今月15日までに承認される必要がある。

アメリカでは昨年12月22日からアメリカ史上最長の35日間、政府予算が承認されなかったために一部政府機関が閉鎖した。

トランプ大統領は1月25日、2月15日までのつなぎ予算案に合意したものの、今週に入るまで議論はこう着していた。

前回の政府閉鎖によるアメリカ経済への影響は推計110億ドル(約1兆2200億円)に上るとみられる。

合意内容は?

共和党と民主党の交渉担当者が数時間にわたって協議し、合意に至った。

リチャード・シェルビー上院議員(共和、アラスカ州)は協議の後、全ての案件について妥結したと話した。今週後半にも、スタッフが詳細をまとめる見通しという。

複数報道によると、両党は国境に設ける物理的障壁に13億7500万ドルの予算を割り当てた。これは、トランプ大統領が要求していた57億ドルを大きく下回る。

民主党はさらに、すでに米国で暮らす身分証明書のない移民について、米移民税関捜査局(ICE)が収監できる人数を制限するよう求めていた。

報道によると両党は、ICEによる収監可能人数を現在の4万9057人から4万250人に減らすことで合意したという。

政府閉鎖の危険は去ったのか

トランプ大統領は2016年の大統領選で、メキシコ国境への壁建設を主要公約として掲げていた。

その後、メキシコにコンクリート製の壁の建設費用を支払わせるという当初の計画からは手を引いたものの、5日に行われた一般教書演説で、「精度の高い、戦略的で透明な鉄の障壁」を作ると示唆した。

トランプ氏は以前、連邦議会の承認なしに壁の建設費用を確保するため、国家非常事態宣言を発令すると警告していた。しかし、この案は共和党内からも批判の声が出たほか、民主党は提訴する構えを見せていた。

(英語記事 Deal reached to avert new US shutdown

提供元:https://www.bbc.com/japanese/47207685

関連記事

新着記事

»もっと見る