BBC News

2019年2月14日

»著者プロフィール

フィリピンで政権批判を重ねてきたニュースサイトの編集長が逮捕され、国際的な批判が高まった問題で、フィリピンの司法当局は14日、マリア・レッサ氏の保釈を認めて釈放した。

ニュースサイト「ラップラー」の最高経営責任者(CEO)を務めるレッサ氏は13日、国家捜査局(NBI)にラップラーの本社で逮捕された。元判事と実業家のつながりに関する7年前の記事を理由にした、「サイバー名誉毀損」が逮捕容疑。有罪となれば、禁錮12年の実刑判決を受ける可能性がある。

AFP通信によると、保釈金は10万ペソ(約21万円)。レッサ氏が脱税など様々な容疑について保釈金の支払いを余儀なくされるのは、これで6度目。

フィリピンの「サイバー名誉毀損罪」は、レッサ氏の問題の記事が掲載された4カ月後の2012年9月に施行され、批判も多い。

各国の報道の自由を監視する複数の団体は、ドゥテルテ政権が「ラップラー」の政権批判を封じ込めようとしていると批判している。国際人権団体アムネスティー・インターナショナルは、政権がジャーナリストは「執ように威圧し嫌がらせ」するために、法的圧力をかけ続けていると非難した。

ラッサ氏はベテラン記者で、2018年には政府の妨害を受けながらも権力監視を続けるジャーナリストとして、米誌タイムの「今年の人」の1人に選ばれた。

米CNNのマニラ支局長を長く務めた後、2012年の「ラップラー」の共同創設者となった。

13日の逮捕後には、「もはや見えないほど法の支配が壊されてしまったことにショックを受けている」とコメントしていた。

ラップラーはフィリピン国内でドゥテルテ大統領を公然を批判する数少ない報道機関。調査報道に定評があり、大統領の公の発言の信ぴょう性や、人的被害の多い政策の意義を問いただしてきた。

ラップラーは特に、ドゥテルテ大統領が推進してきた麻薬戦争に批判的な記事を多数発表してきた。フィリピン警察によると、ドゥテルテ氏が2016年に麻薬撲滅作戦を開始して以来、5000人以上の密売業者や麻薬利用者が殺されている。

サイトはさらに昨年12月には、大統領がかつて10代のころに女性使用人を性的に暴行したと公言したと伝えている。

ドゥテルテ大統領はこれまでに、レッサ氏に対する法的措置に政治的動機はないと主張しているが、「ラップラー」を繰り返し「フェイクニュース」の報道機関だと非難し、自分の行事から同社記者を締め出している。

フィリピン政府は昨年、「ラップラー」の事業免許を没収。これに対して同社は「裁判所による再検討を請求する間、運営を続ける」と方針を示していた。

サルヴァドル・パネロ大統領報道官は、今回のレッサ氏の逮捕は政府と無関係だと主張。批判的な記者を法的に追及したりしないとして、「大統領は批判されても気にしない」と述べた。

一方で、BBCのハワード・ジョンソン特派員は、フィリピンの記者は大統領支持者から絶えず脅されていると話す。

これに対して、報道機関はドゥテルテ氏に対して偏向しており、大統領としての業績よりも麻薬撲滅作戦の人的被害にばかり注目しがちだという批判もある。

(英語記事 Maria Ressa: Head of Philippines news site Rappler freed on bail

提供元:https://www.bbc.com/japanese/47236613

関連記事

新着記事

»もっと見る