BBC News

2019年6月7日

»著者プロフィール

南アフリカのクルーガー国立公園で5日、フェンスを越えて安全区域に侵入してきたヒョウが2歳の子どもを襲う事故があった。子どもは公園職員の息子で、病院に運ばれたが死亡が確認された。

クルーガー国立公園はこうした襲撃は「極めてめずらしい」と説明した。一方、このヒョウは「危険を排除するため」に殺されたと明らかにした。

公園の広報を務めるイケ・ファーフラ氏は、襲撃時の状況は不明なままだと話している。

また、通常ヒョウは人間を恐れて近付いてこないという。

「クルーガー国立公園のような公園では、肉食動物が職員や観光客と接触することがある。時にはヒョウのような動物が人間に慣れて怖がらなくなることもある」

ファーフラ氏は、観光客の安全を確保するため、園内ではゲートを施錠したり観光客にグループで移動してもらったりするなど、厳しいルールを守っていると説明した。

一方で、ヒョウが大人の人間を襲うには「相当の勇気」が必要だが、「2~6歳の子どもであれば思い切る」かもしれないと話した。

その上で、職員や観光客はフェンスの中にとどまるなど、最大限の安全策を取っているが、それでも動物が安全区域に入ってくることはあるという。

「私たちは動物の野性を尊重しなくてはならない」とファーフラ氏は説明した。

(英語記事 Toddler killed by leopard in South African park

提供元:https://www.bbc.com/japanese/48551844

関連記事

新着記事

»もっと見る