BBC News

2019年6月28日

»著者プロフィール

大阪市で28日に始まる主要20カ国・地域首脳会議(G20 サミット)に出席のため来日した中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席と安倍晋三首相が27日夜、会談した。安倍氏が習氏に国賓としての再来日を招請するなど、両国関係の改善をうかがわせた。

日中関係は歴史的にこじれがちだが、最近は対米貿易や北朝鮮の核開発をめぐる共通の懸念を抱えていることから、両国の距離が縮まっている。

安倍氏は会談の冒頭、記者団を前に、「習近平主席と手を携えて日中新時代を切り開いていきたい」と発言。

さらに、「来年の桜の咲くころ、習主席を国賓として日本にお迎えしたい」、「日中関係を次の高みに引き上げたい」と語った。

これに対し習氏は、「いいアイデアだ」と応じた。

日本政府の関係者によると、両首脳は「とてもくだけたやりとり」をし、「自由で公正な貿易」を推進することで合意したという。

北朝鮮問題でも意見交換か

会談では、北朝鮮についても意見が交わされたとみられる。中国は北朝鮮にとって最大の貿易相手である一方、中国も日本も北朝鮮に核開発の断念を求めている。

安倍氏は北朝鮮問題ではごく限られた影響力しかもっていない。そのため、アメリカと中国に日本の意向を伝え、両国が北朝鮮と交渉する際に、日本の意向が反映されることを狙う。

習氏の来日は2013年の国家主席就任後、これが初めて。

安倍氏は昨年、中国を訪れ、日中関係が歴史的な転換点を迎えたと述べた。以来、両国首脳は前向きで建設的な関係の構築を約束している。

2国間の会談も多数開催

G20サミットは28日、2日間の日程で開幕する。経済や環境問題について意見を交わし、議長国の日本は28日に首脳宣言のとりまとめを目指す。

この間、アメリカと中国や、アメリカとロシア、日本と韓国など、2国間の首脳会談も数多く開かれる見通し。

(英語記事 Japan and China bolster ties amid trade war fears

提供元:https://www.bbc.com/japanese/48796025

関連記事

新着記事

»もっと見る