BBC News

2019年7月1日

»著者プロフィール

アメリカのドナルド・トランプ大統領は先月30日、大阪で開催された主要20カ国・地域首脳会議(G20 サミット)閉幕後に訪韓し、韓国と北朝鮮を隔てる軍事境界線のある板門店で、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と3回目の会談を行なった。

会談は、トランプ大統領がツイッターで金委員長に呼びかけてから、わずか1日で急きょ実現した。それだけに両首脳の周りでは、メディアが右往左往するなど混乱が起きていた。

新しくホワイトハウスの大統領報道官に就任したばかりのステファニー・グリシャム氏は、米メディア代表取材団を会談会場へ入れるため、北朝鮮側の警備と押し合いになった。

映像では、警備につかまれたのか、報道官の「放して」という声が聞こえる。報道官は続けて同僚たちに、「ちょっと助けて」と呼びかけている。

複数のカメラマンや記者などで構成される米メディア代表取材団には、日常的に大統領を取材する権限が与えられている。

提供元:https://www.bbc.com/japanese/video-48821920

関連記事

新着記事

»もっと見る