BBC News

2019年7月8日

»著者プロフィール

アフリカ人初の宇宙飛行士になるチャンスを獲得していた、南アフリカ共和国の男性マンドラ・マセコさん(30)が6日、バイク事故で死亡した。遺族が声明で明らかにした。

同国の空軍所属のマセコさんは2013年、アメリカの宇宙アカデミー「アックス・アポロ」が主催したコンクールで、宇宙飛行士への切符を手にした。約100万人の応募者の中から選ばれたのは、マセコさんを含め、わずか23人だった。

マセコさんは、アフロ(Afro=アフリカ系)とアストロノート(Astronaut=宇宙飛行士)を組み合わせた、「アフロノート」の愛称で親しまれていた。

自身を、同国の首都プレトリアに住む典型的な男子だと述べていたマセコさんは、当初2015年に予定されていた、1時間におよぶ宇宙弾道飛行に向けて、アメリカ・フロリダ州のケネディ宇宙センターで1週間にわたり、準備をしたこともあった。

マセコさんは生前、アフリカの若者たちの意欲を刺激し、インスパイアし、生まれ育った環境にかかわらずどんなことでも達成できるということを証明できる、そんな何かを成し遂げたいと意気込みを述べていた。

BBCの取材に対し、宇宙から若者たちに電話をかけることを計画していると明かしたマセコさんは、「今後数年のうちに、私が宇宙から電話できるようになることを望んでいる。ニール・アームストロング宇宙飛行士のようにね」と述べた。

1969年、米宇宙船「アポロ11号」の船長として人類初の月面着陸を成し遂げたアメリカ人宇宙飛行士のアームストロング氏は、2012年に82歳で死去した。

同氏は、月面に降り立つ際、「人間にとっては小さな一歩だが人類にとっては偉大な一歩だ」と述べたことで知られる。

(英語記事 Would-be African astronaut dies in road crash

提供元:https://www.bbc.com/japanese/48904291

関連記事

新着記事

»もっと見る