田部康喜のTV読本

2015年3月4日

»著者プロフィール
著者
閉じる

田部康喜 (たべ・こうき)

コラムニスト

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

 緊急消防援助隊の隊員たちは過去に悔いているばかりではなく、新たな災害対策の道を探ろうとしている。

 愛知隊の原科は、救援活動に関して民間企業と勉強会を開いて、新しい捜索手法を探っている。そのひとつが、「捜索支援地図」である。

 大災害が起きた直後に、空撮を行うとともに、災害前の地図と重ね合わせる。これまでの捜索の経験と照らし合わせて、土地が削り取られた地点よりも、災害によって土砂が貯まった地点に生存者がいる可能性が高い。これに基づいて、捜索するのである。

 広島県で最近起こった土砂崩れの現場で、この手法が取り入れられた。

 ヘリコプターの救出作業にたずさわった隊員たちを悔しがらせた、雪のなかや夜間の飛行技術についても、進化しようとしている。計器飛行と、レーダーを活用した飛行である。

 捜索には、人を発見するために赤外線カメラの利用が考えられている。

 東日本大震災は、危機管理についてさまざまな教訓を読み取ることができる。

 あの時、宮城県の危機管理担当管の小松が、被害状況の把握を第一としたままだったら、どうなっていただろうか。震災後の雪と寒さのなかで、実際に低体温症となって、亡くなった人も多いのである。

 災害報道に力点を置く公共放送の姿勢はまことに正しい。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る