オトナの教養 週末の一冊

2015年9月3日

»著者プロフィール
著者
閉じる

本多カツヒロ (ほんだ・かつひろ)

ライター

1977年横浜生まれ。2009年よりフリーランスライターとして活動。政治、経済から社会問題まで幅広くカバーし、主に研究者や学者などのインタビュー記事を執筆。現在、日刊サイゾーなどに執筆中。ブログ:http://golazo-sala.cocolog-nifty.com/pinga/

ーー世の中は簡単に白か黒かつけられることなんて少ないですしね。

牧野:そうですね。世の中に限らず、一緒に暮らしている家族や、親しい友だちですら、白か黒かわかるような人間はほとんどひとりもいませんよね。ましてや、それがもっと集まって集団となり、さらにはこの世の中で起きている出来事となっていったらなおさらです。だからこそ自分のなかだけではスッキリしたいという願望があるのかもしれませんが、でもそのような願望こそが社会的な潮流のなかにあることを考えてもらえると嬉しい。

ーー最後にどんな人に読んで欲しいですか?

牧野:やっぱり、私自身が社会学という学問の面白さに魅かれてこの道に進んだので、まずは研究者や、大学院生や、卒論を控えている学生さんが、面白いな、自分の研究の参考になるなと思ってもらえれば、また論文で使ってもらえれば嬉しいです。でもそれと同じくらい、自己啓発書は本屋にたくさん並んでいるけど、なんで売れているのかわからないとモヤモヤしている方に読んでいただいて、少しでもなるほど、と思ってもらえる部分があると嬉しいです。

 と、こう話して思ったんですが、この本の読まれ方だって、自己啓発書と同じですよね。少しでもなるほどと思ってもらいたくて書き手は書くし、読者は少しでも何か面白いこと、ためになることがあればと思って読む。本や書き物一般にそうした性質があるわけで、この本がじゃあ自己啓発書に特有の性質ってなんだろうということを考えるきっかけになって、そこからまたあれこれ考えてもらえればいいなと思います。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る