定年バックパッカー海外放浪記

草の根の交流で知る 日韓関係の今昔
韓国自転車&テント旅1200キロ (第1回)

高野凌 (たかの りょう)  定年バックパッカー

1953年生まれの62歳。横浜生まれ、神奈川県出身。大学卒業後は商社、メーカー勤務を経て2013年定年退職。2014年春から海外放浪生活を始める。放浪歴は地中海、韓国、インドシナ半島、インドネシア、サンチアゴ巡礼など。サラリーマン時代は主として海外業務に従事。ニューヨーク、テヘラン、北京にて海外駐在を経験。身長170センチ、57キロ。獅子座。A型。現在2人のご子息は独立し、夫人との2人暮らし。孫1人。

定年バックパッカー海外放浪記

»最新記事一覧へ

関釜連絡船はどこか寂しげに下関を出港

 8月30日 輪行バッグに入れた自転車と荷物20キロを担いで早朝に川崎の自宅を出立。強烈に重い。自転車は三十数年前に製造されたブリヂストンのロードレーサー。これに荷台を無理矢理に設置したもの。荷物はテント、寝袋、着替え、旅行用品、修理工具、タイヤやチュウブ等の予備品、ヘルメット等。

我が愛車、往年の名車ブリジストン製ロードレーサー

 青春18切符でJRを乗り継ぎ、乗り継ぎの度に自転車と荷物を担いで、午後5時頃新潟市内の旧友KY氏宅到着。奥様の美味しい手料理と地酒で旧交を温める。

 9月2日 8月31日以降日本海沿いにJR各停旅。9月2日午後山口県湯田温泉到着。駅前で自転車を組み立て、荷物を積んで宿まで自走。夕刻、旧友の弁護士NO氏と会食。山口市の法曹関係者も加わり郷土料理と地酒で盛り上がる。福祉と司法の関わり方など普段馴染みのない分野であるが非常に興味深く議論が真剣で面白い。深夜まで談論風発。やはり幕末の志士を輩出した土地柄である。

 9月3日 17時過ぎやっとJR下関に到着。駅で自転車を組み立て関釜フェリーターミナルまで自走。19時過ぎに小雨の中、ぼーっと汽笛が鳴ってフェリーボートは出港。デッキから眺めていたが外国航路の大型船の出港に伴う賑わいや晴れがましさがなく淋しい。周囲を見渡すと観光客らしい日本人は私一人のようである。

 フェリーの切符売り場のお姉さんの話では最近は日韓関係を反映して一般の日本人観光客はほとんど見かけないと。韓流ブームの時期はおばさんたちの団体・個人の旅行客や若い人たちも多くてフェリーも賑やかであったと。本日乗船しているのは韓国人のトラックドライバーが20人くらい、韓国の担ぎ屋のおばさんたちが15人くらい、それから一般の商用や学生の韓国人男性が7~8人くらいとの説明。

previous page
2
nextpage
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「定年バックパッカー海外放浪記」

著者

高野凌(たかの りょう)

定年バックパッカー

1953年生まれの62歳。横浜生まれ、神奈川県出身。大学卒業後は商社、メーカー勤務を経て2013年定年退職。2014年春から海外放浪生活を始める。放浪歴は地中海、韓国、インドシナ半島、インドネシア、サンチアゴ巡礼など。サラリーマン時代は主として海外業務に従事。ニューヨーク、テヘラン、北京にて海外駐在を経験。身長170センチ、57キロ。獅子座。A型。現在2人のご子息は独立し、夫人との2人暮らし。孫1人。

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍