BBC News

2016年3月3日

米大統領選に向けた共和党の州予備選で相次ぐ勝利を収める実業家ドナルド・トランプ氏に対し、党幹部の間に懸念が広がっている。

トランプ氏は1日の予備選集中日「スーパー・チューズデー」で7州を制し、共和党の正式候補への地歩を固めつつある。同氏は自らを「ユニファイアー(人々をまとめる者)」と呼ぶが、党幹部は強く反発している。

ここ数日、ポール・ライアン下院議長やリンジー・グレアム上院議員(サウスカロライナ州選出)など共和党指導部が、トランプ氏の政策や意見を相次いで批判している。

トランプ氏が白人至上主義団体「クー・クラックス・クラン」(KKK)の幹部、デイビッド・デューク氏からの支持を拒否しなかったという批判を受け、ライアン下院議長は「偏見に基づく団体や運動はどんなものであっても拒否しなくてはならない」と述べた。トランプ氏は過去に数度デューク氏の支持を拒否したと述べている。

上院のミッチ・マコネル共和党院内総務は、「はっきりさせておきたい。上院共和党はデイビッド・デュークとKKK、そして彼の人種差別主義を非難している」と語った。

さらに下院共和党の有力議員、ピーター・キング氏は、もしトランプ氏が共和党候補に指名されたら、自分は政界を退くと冗談を飛ばした。

2012年の大統領選で共和党の指名候補だったミット・ロムニー氏は3日に演説する予定となっており、トランプ氏を非難する内容とみられている。

ロムニー氏はこれまでもトランプ氏を激しく批判しており、移民政策などに関するトランプ氏の強硬姿勢は共和党の正統な考え方とは違うと指摘している。

1日のスーパー・チューズデーでは、テッド・クルーズ上院議員(テキサス州選出)が3州を制し、予備選での勝利を合計4州とした一方、マーコ・ルビオ上院議員(フロリダ州選出)がミネソタ州で勝利を決め、初の予備選勝利を挙げた。

ルビオ氏は1日の演説で、共和党主流派はトランプ氏を支持しないだろうと示唆した。ルビオ氏は、「最有力の候補がもしほかの人なら、人々はもう今から『最有力候補を支持しよう』と言い出しているはずだ。ドナルド・トランプにはそんなことは絶対起きない」と語った。

スーパー・チューズデーで候補が勝利した州

<共和党>

・ドナルド・トランプ氏:アラバマ、ジョージア、マサチューセッツ、テネシー、バージニア、アーカンソー、バーモントの各州

・テッド・クルーズ氏:テキサス、オクラホマ、アラスカの各州

・マーコ・ルビオ氏:ミネソタ州

<民主党>

・ヒラリー・クリントン氏:アラバマ、ジョージア、テネシー、バージニア、アーカンソー、テキサス、マサチューセッツの各州

・バーニー・サンダース氏:バーモント、オクラホマ、ミネソタ、コロラドの各州

ニューヨーク・タイムズ紙は2日、共和党を支持する大手企業幹部らが1日に電話で協議し、反トランプ運動を進めるため、「スーパーパック」(super PAC=政治活動特別委員会)と呼ばれる政治団体による資金集めに着手したと報じた。

一方、調査報道を行うセンター・フォー・パブリック・インテグリティ―は、共和党系のスーパーパックが1日のスーパー・チューズデーに向け、8500本に及ぶトランプ氏を批判するテレビ広告を流したと報じた。

グレアム上院議員は、トランプ氏が共和党候補の指名を勝ち取れば、本選の相手と予想されるクリントン候補に敗北すると述べた。同氏は、「トランプを止めるためには、テッド・クルーズのもとに結集するしかないかもしれない」とした上で、「うまくいくかどうか分からないが」と付け加えた。

クリントン氏は1日のスーパー・チューズデーで7州を制し、民主党候補の指名獲得に向けた競争でバーニー・サンダース上院議員(バーモント州選出)を引き離しつつある。

(英語記事 US election 2016: US Republicans express Donald Trump fears)

提供元:http://www.bbc.com/japanese/35713989

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る