世界潮流を読む 岡崎研究所論評集

2016年3月18日

 米国のバラク・オバマ大統領がウォール・ストリート・ジャーナル紙に投稿し、米国のサイバーセキュリティの大幅強化のための「サイバーセキュリティ国家行動計画」を発表しました。要旨は以下の通りです。

iStock

オバマにとって最優先事項はサイバーインフラ保護

 米国の政府、民間に対するサイバー攻撃の脅威に対抗するため、これまでの予算の35%増の、190億ドル強の予算を提案する。すべての国民にオンラインの安全を提供するためである。

 具体的提案は以下のとおりである。

 1)連邦政府の老朽化したコンピューターシステムの近代化のため、30億ドルを支出する。

 2)シリコンバレーなどから最優秀人材を集め、政府全体のサイバー専門家集団を作る。

 3)2月8日発足させたサイバーセキュリティの「中核的研究拠点」で官民の専門家が最新のサイバー技術の研究開発を行う。

 4)国民がサイバーの脅威をより自覚するような運動を行う。

 5)超党派の「国家サイバーセキュリティ強化委員会」を設立し、今後10年間にわたり、官民によるサイバーセキュリティの自覚と強化を図る。

 インターネット時代が始まってから未だ30年足らずであり、米国民が重視するイノベーションと個人情報の保護が確保できれば、今後の可能性は無限である。

 大統領にとって米国のサイバーインフラを保護することは国家安全保障上の最優先事項である。すべての課題を1年で解決することはできないが、将来のための強い素地を作ろうとするものである。諸措置をとることにより、米国のイノベーションの可能性を最大限発揮し、長きにわたり米国の繁栄とサイバーの安全を確保できると確信する。

出 典:Barack Obama‘Protecting U.S. Innovation From Cyberthreats’(Wall Street Journal, February 9, 2016)
http://www.wsj.com/articles/protecting-u-s-innovation-from-cyberthreats-1455012003

*   *   *

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る