海野素央のアイ・ラブ・USA

2016年4月25日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授、心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08~10年、12~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年及び12年の米大統領選挙においてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。著書に「オバマ再選の内幕―オバマ陣営を支えた日本人が語る選挙戦略」(同友館)など多数。

 筆者はニューヨーク市マンハッタン区8番街とウエスト25ストリート及び26ストリートの角に3日間立ち、戸別訪問を実施しました。この地域は「チェルシー」と呼ばれ、リベラルな有権者、中間所得者層並びに同性愛者が多く住んでいます。以下で、戸別訪問で得た有権者の声の一部を紹介しましょう。

ニューヨーカーの声 
現実VS.非現実 クリントン支持者

ニューヨーク州予備選挙前日のヒラリー・クリントン候補と筆者(@ニューヨーク市ヒルトンミッドタウン)

 ・「サンダースは非現実的です。共和党が議会を支配しているので彼が主張している法案は通過しません。ヒラリーの方が、議会と取引ができると思います」

 ・「サンダースは空想の世界に生きています。公立大学の授業料無償化は非現実的です。彼はたくさん約束をしますが、どうやって遂行するのか説明をしていません。単に有権者が聞きたいことを語っているのです」

 ・「サンダースには政策を遂行する具体的な計画がありません」

 ・「サンダースはあまりにも理想的です」

ニューヨーク市マンハッタン区チェルシーにある投票所ナンバー33(筆者撮影@ニューヨーク市マンハッタン区チェルシー)

 繰り返し述べてきましたように(「トランプとサンダース ポピュリスト旋風は続かない 」)、サンダース上院議員とトランプ候補には、種々の共通点が存在します。たとえば、同上院議員と同候補は、職業政治家、エスタブリッシュメント(既存の支配層)及びワシントンにいる連邦上下院議員や知事といったインサイダーを攻撃します。北米自由貿易協定(NAFTA)並びに環太平洋経済連携協定(TPP)に反対の立場をとっている点も類似しています。筆者の戸別訪問によれば、同上院議員と同候補は無党派層から支持を得ており、彼らが投票できる州では選挙を有利に戦います。

投票を済ませた有権者がつけるシール(筆者撮影@ニューヨーク市マンハッタン区チェルシー)

 それらに加えて、サンダース上院議員とトランプ候補には具体的な計画がなく、政策が非現実的なのです。クリントン支持者には、サンダース上院議員の目玉政策である公立大学授業料の無償化及び、トランプ候補が提案している国境の壁並びにイスラム教徒米国入国全面禁止は、実現不可能な政策であるという認識が強いです。

関連記事

新着記事

»もっと見る