BBC News

2016年6月1日

»著者プロフィール

今秋の米大統領選で共和党候補に選ばれる見通しの実業家ドナルド・トランプ氏について、北朝鮮メディアが「支持」を表明した。トランプ氏を「賢い政治家」と呼び、北朝鮮にとって利益になるとした。

北朝鮮の対外宣伝ウェブサイト「朝鮮の今日」は論説で、トランプ氏を「長期的な視点を持っている」と評した。

トランプ氏は先月、北朝鮮の指導者の金正恩党委員長と会う用意があると述べたほか、日韓が駐留米軍の費用を全額負担すべきだとし、そうでなければ米軍の撤収も覚悟すべきだと語っている。

専門家らは、論説は北朝鮮政府の正式な政策ではないものの、政府の見解を反映していると指摘した。

クリントン氏は「退屈」

中国系北朝鮮人の学者だとされる論説の執筆者ハン・ヨン・ムク氏は、トランプ氏の米軍に関する政策が、「ヤンキー・ゴー・ホーム」という北朝鮮の標語を現実のものにすると述べている。北朝鮮は長年、米軍の朝鮮半島撤収を求めてきた。

論説は「標語が現実になる日は、朝鮮半島統一の日だ」と述べている。

北朝鮮と韓国の対立には関わらないというトランプ氏の発言については、「北朝鮮の視点からは良いこと」だとした。

一方、民主党候補に指名されると予想されているヒラリー・クリントン前国務長官について、「退屈」だと評し、米国の有権者はクリントン氏を選ぶべきでない、と述べた。

「米国市民が大統領に選ぶべきなのは、退屈なヒラリーではなく、北朝鮮との直接対話を表明したトランプだ」

英リーズ大学の北朝鮮専門家、エイダン・フォスター=カーター氏は、論説記事について「非常に驚くべき内容」だと語った。同氏は、北朝鮮情報に特化したウェブサイト「NKニュース」に対し、「確かに北朝鮮政府の発言そのものではないが、北朝鮮は観測気球を挙げて反応をうかがおうとしている」と述べた。

トランプ氏が核開発計画に関する協議を提案したことについて、北朝鮮は先月、トランプ氏が「そぶりを見せたに過ぎない」として取り合わなかった。

北朝鮮の徐世平・ジュネーブ国連代表部大使はロイター通信に対し、「(トランプ氏の)対話のアイデアはナンセンスだ」と述べている。

(英語記事 North Korea editorial praises 'wise' Trump)

提供元:http://www.bbc.com/japanese/36423397

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る