WEDGE REPORT

2016年6月17日

»著者プロフィール

 ベルギーの有力紙デニエール・ウールはこのほど、ベルギーの治安当局の情報として、過激派組織「イスラム国」(IS)の工作員グループがベルギーとフランスでテロを起こすためシリアを出発した、と報じた。14日にフランスで警官とその妻を殺害したIS信奉者はサッカーの「欧州選手権を墓場にしてやる」と予告していることもあり、両国の治安機関の緊張は高まる一方だ。 

米ファスト・フード店も標的か

iStock

 同紙によると、ベルギー、フランスの治安当局は緊急のテロ警報を出し、このテロ工作グループがトルコからボートでエーゲ海を渡ってギリシャに入る計画であることが分かったという。グループは旅券を所持していないとされるが、ISはこれまでもギリシャやイタリアで偽造旅券を入手していたことが知られている。

 これらグループは欧州で、ベルギーとフランス向けの2つの小グループに分かれる計画で、すでに武器を入手している可能性もある。警報は「テロが切迫している懸念がある」と指摘している。フランスではパリが狙われている、という。

 同紙はテロの標的として、ブリュッセルのショッピング・モールや、米ファスト・フード店、警察署などが含まれる、としている。治安当局が入手したこのテロ情報がどの程度、確度の高いものであるかは明らかではないが、ISの“ラマダン・テロ”の呼び掛けに応じてすでにフランスではテロが起きており、軽視するのは禁物だ。

 フランスで14日起きた警官襲撃について、オランド大統領は「疑う余地のないテロ行為だ」と断定しており、ISに忠誠を誓う呼応テロだったことがはっきりしている。

 この事件ではパリ郊外イブリーヌ県マニャンビルに住む警察幹部とその妻が刺殺された。犯人はラロッシ・アバラ容疑者(25)で、モロッコ系移民だ。警官隊に射殺される前、一時、この幹部の自宅に立てこもった。

 同容疑者は事件の最中にフェイスブックにテロ現場や被害者の遺体などの映像を掲載。ISの関連通信社であるアマク通信がこの映像をネットに流した。アバラ容疑者は映像で、現在フランスで開催中のサッカーの「欧州選手権を墓場にしてやる」と不気味な予告をし、さらに警官やジャーナリストらを殺害すると宣言した。

 立てこもっている間の警察とのやりとりで、数週間前、ISの指導者アブバクル・バグダディに忠誠を誓ったことを明らかにし、「不信心者を殺せ」というバクダディの指示に従って行動した、と自慢した。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る