BBC News

2016年7月13日

イタリアのレンツィ首相は12日、南部プーリア州で同日朝に起きた列車衝突事故の現場を訪れた。旅客列車同士が正面衝突した事故では、少なくとも25人が死亡し、多数が負傷した。

負傷者の一部は重傷で、地元当局は献血を求めている。レンツィ首相は事故の正式な捜査を命じた。

南部の東岸にあるバーリとバルレッタをむすぶ単線で事故は起きた。事故の原因は明らかになっていないが、事故が起きた現地時間午前11時半(日本時間午後6時半)当時、天候は良好だった。

救助隊は大破した車両から乗客を救助しており、助け出された幼い子供が病院にヘリコプターで運ばれた。

レンツィ首相は、「涙が出る」と語り、「遺族にお悔やみを申し上げたい。事故の責任を容赦なく追及するよう命令した」と述べた。

同首相は、「はっきりさせておかなくてはならない。何が起きたのか分かるまで止めることはない」と語った。

セルジョ・マッタレッラ大統領は、事故は「受け入れられない悲劇」であり、まず犠牲者と遺族のことが念頭にあると述べた。

衝突した列車はともに4両編成。車両のいくつかは損傷が激しく、形をとどめていない。

ある警官は記者団に対し、「死者や、助けを求める人、泣き叫ぶ人がいた。こんなひどい光景は見たことがない」と語った。

地元メディアによると、最初に身元が判明した犠牲者は53歳の警官、フルビオ・スキンザリさんで、救助に当たっていた同僚警官が発見した。

救助活動には約200人が参加。気温が40度にも上がるなかで行われた。

(英語記事 Italian PM Renzi visits Puglia train crash site)

提供元:http://www.bbc.com/japanese/36780830

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る