BBC News

2016年7月15日

»著者プロフィール

フランスの革命記念日を祝う南仏ニースで14日夜、海沿いの遊歩道に、大型トラックが突入した。仏内務省によると、84人が死亡、約50人が負傷した。負傷者のうち18人が重体という。

AFP通信は警察の話として、現場で31歳のチュニジア系フランス人の身分証明書が見つかったと報じた。白い大型トラックを運転していた男は、警察に射殺される前に銃を何度か発砲したとみられるという。ロイター通信は、攻撃犯には犯罪歴があるため警察は把握していたものの、情報機関には知られていない人物だったと報じた。

AFPはさらに捜査筋の話として、「作動しない」手投げ弾や「数丁の偽ライフル」がトラックの中で見つかったと伝えた。

15日にテレビ演説したフランソワ・オランド大統領は、攻撃が「テロリストの性質」を持つと述べ、非常事態宣言を3カ月延長すると表明した。非常事態宣言は今月26日に解除される予定だった。

オランド大統領は、「フランスは大きな打撃を受けた」とし、「このような攻撃と戦うため、できること全てをしなくてはならない」と語った。「フランス全土がイスラム教テロリズムの脅威にさらされている」。

現場は観光地として有名な海沿いの「プロムナード・デザングレ」。花火の打ち上げが終わったところで、多くの人が集まっていた。

内務省のブランデ報道官は、運転手を「無力化」したと発表。人質がとられているという報道は否定した。運転手が単独犯だったか調べているという。

AFP通信によると検察は、トラックが群衆の中を2キロにわたり走り続けたと話している。

犯行声明を出したグループはいないが、検察によると今後の捜査はテロ対策捜査官らが行うという。

トラック車内の人間と警察と銃撃戦になったという情報もあるが、確認されていない。

ソーシャルメディアには、現場から走って逃げる人たちの様子や、現場で数十人が倒れている様子などが投稿された。

AFP通信の記者は、花火打ち上げが終わろうとするところで、「大勢がなぎ倒され、破片が飛び散るのが見えた」と話した。

ツイッターに投稿された写真では、遊歩道の真ん中で停車した白いトラックが見える。前方部が破損し、ヤシの木に後ろから様子をうかがう警官4人の姿も見える。

目撃した1人は地元テレビに、「みんなが『走れ、走れ、攻撃だ、走れ、走れ!』と叫んでいた。銃声もいくつかきこえた。最初は7月14日の記念花火だと思った。大パニックだった」と話した。

現場に居合わせたBBCのロイ・カリー記者は、発生当時の遊歩道には「数千人もの人がいた」と話した。

米ホワイトハウスは、「ニースで恐ろしいテロ攻撃が発生したようすで、きわめて強く非難する」という大統領コメントを発表した。

米国家安全保障会議(NSC)のプライス報道官は、大統領は状況方向を受けており、「国家安全保障担当チームが適宜、最新情報を伝えていく」と話した。

(英語記事 Many dead as lorry hits crowd in Nice)

提供元:http://www.bbc.com/japanese/36801191

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る