BBC News

2016年7月21日

»著者プロフィール

マレーシアのナジブ首相は21日、マレーシアの政府系ファンド「ワン・マレーシア・デベロップメント」(1MDB)に関連した資金流用疑惑をめぐる米司法省の捜査に協力すると表明した。司法省は19日に1MDBの資産10億ドル相当以上を差し押さえる訴訟をロサンゼルスで起こしている。

ナジブ首相の報道官は、マレーシア政府が「国際条約に基づく合法的なマレーシア企業や個人に対する捜査に完全に協力する」と述べた。同報道官は、「首相が常に言ってきた通り、もしなんらかの不正が証明された場合、例外なく法の執行がなされる」と語った。

ナジブ首相は、マレーシアを金融ハブにする目的で1MDBを設立した。

司法省の訴状でナジブ首相は直接名指しされていないが、「マレーシア高官1」が口座を通じて金銭を受領したとされている。

ナジブ首相は一貫して関与を否定。マレーシア当局は今年に入って捜査終結を宣言している。

米司法省は、1MDBから不正に引き出された資金が米国内の口座を通じてマネーロンダリング(資金洗浄)されていたとしている。

司法省は、不正な資金が「公職者を含む複数の個人」が贅沢な生活を維持するために使われていたと主張。米国と英国、スイスにある資産の差し押さえを目指している。

司法省が差し押さえようとしている資産10億ドルは、不正流用疑惑がかけられている資金総額35億ドルの一部に過ぎない。

訴状には、レオナルド・デカプリオ主演で2013年に公開された映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』の制作費の出資者でナジブ首相の義理の息子、リザ・アジズ氏の名前も挙げられている。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは昨年7月、1MDBから7億ドル近くの資金がナジブ首相の個人口座に流れていたことを示す資料が見つかったと報じた。報道を受け、1MDBはナジブ首相に資金を提供した事実はないとする文書を出した。

(英語記事 1MDB: Malaysia 'will co-operate' with US investigation)

提供元:http://www.bbc.com/japanese/36852663

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る