BBC News

2016年8月18日

»著者プロフィール

米カリフォルニア州南部で大規模な山火事が発生し、付近の住民8万2000人以上に避難命令が出ている。

「ブルー・カット」と名付けられた今回の山火事は、ロサンゼルスの東の地域で広がっている。多くの住宅が焼け、同州とネバダ州の間の交通に影響が及んでいる。

火は今週16日に少雨が続いた地域の山道で始まり、翌日には1万2200ヘクタール近くに延焼していた。

1300人の消防隊が対応しているものの、山火事は広がり続けている。

消防隊を率いるマイク・ワコスキー氏は、消防活動に携わって40年たつが、これほど激しい山火事は見たことがないと話した。

サンバーナディーノ郡のマーク・ハートウィグ消防署長は、「(山火事が収まった後)多くの家族が何もないところに戻ることになるだろう」と語った。「打撃は大きく、発生もあっという間だった。経験したことがない激しさだった」。

犠牲者が出たという情報はないが、捜索犬が出動している。

当局は山火事で破壊された住宅の数を把握できていないものの、一部では数百軒に及ぶとみられている。

「冗談抜きで、文字通り火に追いかけられたんです」――。同州フォンタナに設置された避難所で、エイプリル・クリスティーさんが避難時の様子を語った。ワゴン車の中で母親ビー・デルガドさんと過ごすクリスティーさんは、最初に煙の匂いに気づいて間もなく、炎に取り囲まれていたと話す。

(英語記事 California wildfires: Ferocious fires evict thousands

提供元:http://www.bbc.com/japanese/37114513

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る